JRAジャパンC(G1)アーモンドアイ陣営の有馬記念「ディスり」発言に反論多数!? 過去のチャンピオン否定にもなりかねない問題発言に発展も……

a-mondoaiarimakinen2019
29日、東京競馬場で行われるジャパンC(G1)は、8冠馬アーモンドアイと牡牝の無敗三冠馬コントレイル、デアリングタクトが激突するというドリームレースが実現する。今年NO.1の名勝負間違いなしともいわれる世紀の一戦には競馬ファンのみならず、世間の関心も集まりつつある。

 

 その一方で、劣勢に立たされているのが暮れのグランプリである有馬記念(G1)だ。1年の総決算ともいわれ、馬券の売上げ的にも競馬の祭典・ダービーを大きく上回る人気のレースである。

 

 しかし、アーモンドアイはジャパンCで引退を表明。コントレイル陣営も以降は年内休養としており、有馬記念への参戦はない。3強といわれる馬の中で唯一、出走の可能性があるのはデアリングタクトのみだ。

 

 ジャパンCを勝利すれば、史上最多をさらに更新する9冠の期待も懸かっているアーモンドアイ。前走の天皇賞・秋(G1)を勝利して以降の次走については、12月13日の香港C(G1)、またはジャパンCが候補として挙げられていた。現在のコロナ禍で制約も多い状況などを考慮した結果、最終的に東京・芝2400mの舞台が選択された訳だが、有馬記念については一切触れられていなかった。

 

 アーモンドアイは昨年の有馬記念に出走してリスグラシューの9着に完敗。それまで馬券圏内を外したことのなかった馬が初の大敗を喫した。ここまで総合成績【10.2.1.1】と完璧に近い中でひときわ目立つ”1敗”は屈辱的ともいえるだろう。

 

 陣営が最強馬を自認しているからには、昨年不覚を取ったレースでリベンジしたいという想いも少なからずあるはず。だが、厩舎の看板馬としてトップをひた走ってきた功労馬だけに、”安全牌”を取ったという見方をされてもやむを得ない部分もある。

 

 これだけであればまだよかったのだが、物議を醸すこととなったのは『netkeiba.com』にて公開された「三冠トレーナー緊急zoom対談」内での発言内容だ。

 

 アーモンドアイを管理する国枝栄調教師、コントレイルの矢作芳人調教師、デアリングタクトの杉山晴紀調教師がzoomで対談するという画期的な企画は素晴らしい試みといえる。

 

 対談内で国枝師は「暮れの有馬記念はファンの方々が選んでいただいて、いろんなカテゴリーの馬が競います。去年、アーモンドアイも(矢作厩舎の)リスグラシューに負けたんですけど、中山の2500mであの時期にやることは、チャンピオンを決めるにはもう一つかなって思います。だから、東京の2400mっていうのがね、一番実力を発揮しやすくていいんじゃないかなってところもあります」と、有馬記念の開催条件について否定的な考えを述べた。

 

 矢作師は「やはり最適ではないかな」、杉山師も「おっしゃる通りです」と肯定的な発言で続けたが、既に参戦を表明していた両陣営と異なり、国枝師の場合はどちらかというと他の選択肢がなくなったために妥協したという疑いの目も向けられていることは確かだ。



これに対し、ネットの掲示板やSNSでは「まだこんなことを」「リスグラシュー全否定?」など、有馬記念から逃亡したと考えているファンから否定的な意見が多数出た。なかには「凱旋門賞もチャンピオンを決めるのに相応しいけど」といった世界最高峰のレースに挑戦しなかったことを皮肉ったコメントもあった。

 

有馬記念といえば有力馬がぶつかるドリームレースの意味合いが強いです。昨年のリスグラシューをはじめ、キタサンブラックオルフェーヴルなど過去のチャンピオンホースの多くが勝利を収めています。暮れの大一番を勝利してこそ、真のチャンピオンとして評価されます。

 

国枝師の言うように、小回りの中山競馬場は紛れがあるコースという側面もありますが、本当に強い馬というのはどのような条件でも強いことが条件でしょう。東京以外を徹底的に避けたウオッカも当時、このことがチャンピオンとして懐疑的な見方をされる原因にもなりました」(競馬記者)

 

 アーモンドアイにしても今年のジャパンCを含めれば、古馬となってのキャリア8戦中6戦が東京競馬場で行われるレースであり、ウオッカと大差がないとも言われても不思議ではない。

 

 また、国枝師といえば中山のみで重賞6勝を挙げ、2007年の有馬記念も制した中山専用機・マツリダゴッホを管理していた調教師でもある。自身が育てた過去の名馬の功績すら否定することになりかねない発言だったかもしれない。

 

Copyright © Business Journal All Rights Reserved.