2020-11-13から1日間の記事一覧

東都のエース、浜野谷憲吾が準優に滑り込み/福岡

<福岡ボート:福岡チャンピオンカップ>◇G1◇4日目◇12日 浜野谷憲吾(47=東京)が最後の準優切符を手にした。 4日目4Rで逃げて、得点率は5・67だった。だが、4日目12Rで勝負駆け選手たちが4着以下に敗れたことで権利を得た。 「バランスが取れていい。上位…

西村美智子、レース後の試運転で気配一変!/児島

<児島ボート:オールレディース>◇G3◇初日◇12日 西村美智子(36=香川)が、巻き返しに自信を見せた。 初日7R、2周1Mで他艇と接触した影響もあり6着に終わった。だが、ギアケースとボートを交換して試運転に行くと、回り足が大幅にアップ。足合わせをした土…

千葉真弥が1、3着発進に「足はいいですよ」/児島

<児島ボート:オールレディース>◇G3◇初日◇12日 伏兵の千葉真弥(27=静岡)が、好発進した。 前半3Rは堂々と逃げ切った。5枠の後半9Rは堀之内紀代子との激しい競り合いを制して3着に食い込んだ。「足はいいですよ。ペラをたたいた効果がありました。ただ、…

地元・守屋美穂がパワー生かして2連対発進/児島

<児島ボート:オールレディース>◇G3◇初日◇12日 女子賞金ランク2位の守屋美穂(31=岡山)が、パワーを見せつけて2連対発進に成功した。 前半6Rは大外から豪快にまくって快勝。後半11Rはカドから差して2着を確保した。「ペラは前走者のまま。足もターン回り…

西橋奈未が逃げ切り、デビュー4年目で初優勝/芦屋

<芦屋ボート>◇最終日◇12日 女子レーサーの西橋奈未(24=福井)が、デビュー4年目で初優勝を飾った。 12R優勝戦はインからコンマ13のトップスタートを決めて、危なげなく押し切った。「選手生活の中で、今節が一番、足は良かったと思います。混合戦で優勝…

コントレイルがジャパンカップに向け栗東に帰厩 アーモンドアイと〝最初で最後〟の夢対決へ

史上3頭目となる無敗の3冠馬コントレイル(牡3・矢作厩舎)が12日、GⅠジャパンC(11月29日、東京芝2400メートル)に向けて放牧先の大山ヒルズ(鳥取県)から栗東トレセンに帰厩した。 コントレイルの姿を見届けた矢作調教師は「馬体の張りを…

JRAエリザベス女王杯(G1)ライバルはラヴズオンリーユーとサラキア!? 「激走」条件完全一致のお宝馬が急浮上! 上位人気馬が信用できない「決定的」な理由

12日、天皇賞・秋(G1)を制して史上初の芝G1・8勝を挙げたアーモンドアイのジャパンC(G1)が発表された。29日に開催されるレースながらも競馬ファンの間では、この話題で持ち切りとなっている。 振り返れば今年の競馬界は異例づくしだったといえるだろう。…

JRA「ジャパンカップは絶対に観てください!!」千鳥ノブ、麒麟・川島明、田中将大選手までも…… アーモンドアイ「3冠馬三つ巴バトル」にファン熱狂

アーモンドアイ(牝5歳、美浦・国枝栄厩舎)が11月29日に東京競馬場で開催されるジャパンC(G1)をラストランの舞台に選択したことが明かされた。 これで今年のジャパンCは、一昨年の3冠牝馬にして『芝G1・8勝』を達成したアーモンドアイ、史上初の無敗牝馬…

JRA「負けたら言い続けられる」……最強牝馬“陥落”の記憶。ジャパンC(G1)アーモンドアイ「最強の証明」か、それとも「政権交代」か

12日、史上初の芝G1・8勝を達成したアーモンドアイ(牝5歳、美浦・国枝栄厩舎)がジャパンC(G1)に参戦することが明らかになった。 すでにコントレイル、デアリングタクトが参戦を表明しているため、史上初となる3冠馬による三つ巴決戦となる。なお、アーモ…

JRA松若風馬に「大物馬主」が激怒!? 武蔵野S(G3)自身の手綱で取り戻す「信頼」。若手ジョッキーが味わった4カ月半の「放置プレー」

あの「出来事」から約3年半……果たして「信頼」は取り戻せたのだろうか。 14日、東京競馬場で行われる武蔵野S(G3)に、サンライズノヴァ(牡6歳、栗東・音無秀孝厩舎)が出走を予定している。 オーナーは「サンライズ」の冠名で知られる松岡隆雄氏。音無調教…

JRA「たまにはディープインパクト産駒で……」松岡正海節が炸裂!? 待望の復帰後初勝利で「変わらぬクセ」披露も、絶えない心配の声……

7日、福島12Rの土湯温泉特別(2勝クラス)は1番人気ウインキートスが優勝。鞍上の松岡正海騎手にとっては復帰後初勝利となった。 2月の落馬事故で左大腿骨を骨折し、長期離脱をしていた松岡騎手。 10月24日から8か月ぶりにレースでの騎乗を再開している。復…

JRA【速報】アーモンドアイ・ジャパンC(G1)で引退!! コントレイル、デアリングタクト「3冠馬三つ巴」ドリームマッチで有終の美を飾るか!?

12日(木)シルク・ホースクラブの公式Twitterにアーモンドアイ(牝5、美浦・国枝栄厩舎)を管理する国枝栄師が登場。その場で、アーモンドアイのジャパンカップ(G1)参戦を表明し、さらに同レースがラストランとなることも明らかにした。 国枝師はノーザン…

JRAエリザベス女王杯(G1)状態“上向き”ラヴズオンリーユー、勝てばクラブ初「〇〇超え」!窮地のDMMバヌーシーを再び救えるか!?

15日、阪神競馬場ではエリザベス女王杯(G1)が開催される。昨年1番人気に支持されるも、3着に敗れたラヴズオンリーユー(牝4歳、栗東・矢作芳人厩舎)が1年越しのリベンジを狙う。 デビュー4連勝で昨年のオークス(G1)を制覇したラヴズオンリーユーだが、…

疑惑の王者マキシマムセキュリティが引退発表!! 人間の都合に振り回された波乱に満ちた馬生

『波乱に満ちたキャリア』とは、まさにこの馬のためにある言葉かもしれない。 米G1・4勝を挙げたマキシマムセキュリティ(牡4、米・B.バファート厩舎)が、現役を引退し、種牡馬入りすると、複数の海外メディアが報じている。 マキシマムセキュリティは、ア…

疑惑の王者マキシマムセキュリティが引退発表!! 人間の都合に振り回された波乱に満ちた馬生

『波乱に満ちたキャリア』とは、まさにこの馬のためにある言葉かもしれない。 米G1・4勝を挙げたマキシマムセキュリティ(牡4、米・B.バファート厩舎)が、現役を引退し、種牡馬入りすると、複数の海外メディアが報じている。 マキシマムセキュリティは、ア…

JRA藤田菜七子「同着1位」「初勝利」でビックリ。クリンチャーに先着したばかりの人気馬が衝撃の引退……

「オヌシナニモノだ。オヌシナニモノがゴールイン」 8日、福島最終レースを制したオヌシナニモノ。一風変わった馬名が実況されるとどこかホッコリした気持ちになるファンも多いのではないだろうか。 過去には2007年の若駒S(OP)をモチが優勝した際には、「…

森野正弘が予選突破に前進「伸びがいい」/福岡

<福岡ボート:福岡チャンピオンカップ>◇G1◇3日目◇11日 森野正弘(35=山口)が1、2着で予選突破に前進した。 前半1Rは豪快にまくると、後半6Rはさばいて2着。山口支部の先輩、寺田祥のアドバイスが実り、気配を上げた。「少し重いが伸びがいい」と納得顔だ…