公営競技

佐藤翼は低調機にも手応え「悲観することない」戸田

<戸田ボート>◇前検日◇26日 佐藤翼(32=埼玉)が、優勝回数アップへ、意気込んだ。 「それは少し(頭には)あります」。今年の優勝は3度ながら、今節を含めて年末までに一般戦は3節。まだ来年の福岡SGクラシックの権利獲得へ、年間優勝6度の可能性を残す。…

石田貴洋、初水面もなんの躍動3着2本/福岡

<福岡ボート>◇初日◇26日 石田貴洋(24=埼玉)は福岡初参戦とは思えないレースぶりだ。初日は3着2回。8Rでは5コースから艇団を割って3着に入った。 師匠の黒井達矢からは「ダッシュのスタートが分からないならスローから」とアドバイスを受けたという。と…

仲谷颯仁が8戦6勝でV、副賞はビール5箱/びわこ

<びわこボート>◇最終日◇26日 ヤングダービーのリベンジだ! 仲谷颯仁(26=福岡)がしっかり逃げ切った。7月宮島以来、通算11度目の優勝を飾り、副賞のビール5箱が贈られた。山本寛久が冷静に続いて2着、3着には浜野谷憲吾が入った。 予選道中は8戦6勝、着…

JRA矢作芳人調教師「馬場のことは、いつも棟広に聞いているぐらいだから」ジャパンC(G1)にコントレイルを出走させる名伯楽も信頼!『KEIBAコンシェルジュ』棟広良隆氏

現在、競馬予想において当たり前となった、馬場の「重い」「軽い」という概念。それを最重点に置いた予想を展開し、日本に広めた予想家といえば棟広良隆氏だろう。 今ではグリーンチャンネルの『KEIBAコンシェルジュ』という番組に出演し、競馬ファンにもス…

JRAジャパンC(G1)アーモンドアイも警戒する「神枠」ゲットで“あの馬”が急浮上!? 驚異の「6年連続3着以内」主戦騎手からも「今までで一番いい」

29日に東京競馬場で行われるジャパンC(G1)は、8冠女王アーモンドアイと2頭の無敗三冠馬コントレイル、デアリングタクトが激突するレースとして、すでに競馬の枠を超えた注目を集めている。 その一方で「3強」の一角崩しに急浮上しているのが、カレンブーケ…

JRAジャパンC(G1)アーモンドアイ陣営の有馬記念「ディスり」発言に反論多数!? 過去のチャンピオン否定にもなりかねない問題発言に発展も……

29日、東京競馬場で行われるジャパンC(G1)は、8冠馬アーモンドアイと牡牝の無敗三冠馬コントレイル、デアリングタクトが激突するというドリームレースが実現する。今年NO.1の名勝負間違いなしともいわれる世紀の一戦には競馬ファンのみならず、世間の関心…

JRA【ジャパンC(G1)枠順確定】アーモンドアイ「2枠」2番! コントレイル「4枠」6番! デアリングタクト「3枠」5番!

29日(日)に開催されるジャパンC(G1)の枠順が発表された。芝G1・8勝アーモンドアイ、牡馬3冠コントレイル、3冠牝馬デアリングタクトの直接対決が注目されている1戦の枠順は以下だ。 ジャパンC(G1)枠順 【1枠】1番 カレンブーケドール 津村 明秀 【2枠】…

JRA浜中俊「勝ったと思った」ジャパンC(G1)肌で感じた「世界との差」コンビ最後の挑戦「2013年」起こせなかった“奇跡”

三冠馬3頭が揃う「空前絶後」のジャパンC(G1)。 東京2400mという舞台は、3歳世代の頂上決戦である日本ダービー(G1)とオークス(G1)。今回のジャパンCも含め、中央競馬を代表する主要コースである。 そんな東京2400mで行われるジャパンCに、特別な思いを…

JRA武豊「言わないでおこうと思っていたのに……」レジェンドに注がれる期待の目!? ダート転戦が生み出した「G1勝利」と「あの言葉」

29日、東京競馬場で行われるシャングリラ賞(2勝クラス)に、セラン(牝3歳、栗東・松永幹夫厩舎)が出走を予定している。 デビューからの8戦で6回手綱を握る主戦、武豊騎手が今回も騎乗予定だ。 オーナーはノースヒルズグループの前田幸治氏。このオーナー…

JRAジャパンC(G1)コントレイル、大苦戦から条件「好転」!? デビュー8連勝「父超え」へ、距離短縮以外の「追い風」とは

3頭の3冠馬が相まみえるジャパンC(G1)が29日、東京競馬場で開催される。 これまで“3強対決”と呼ばれたレースは幾つかあったが、今年のジャパンCの特徴のひとつは、アーモンドアイとデアリングタクトの2頭が牝馬という点だろう。コントレイル(牡3歳、栗東…

JRAダノンファラオの浦和記念(G2)勝利は「コントレイル効果」!? 矢作厩舎「注目2歳馬」も出世街道濃厚か

25日、浦和競馬場で行われた浦和記念(G2)はダノンファラオ(牡3歳、栗東・矢作芳人厩舎)が優勝。今年のジャパンダートダービー(G1)に続く、交流重賞2勝目となった。 3番手のポジションからレースを進めたダノンファラオ。最終コーナーから進出を開始す…

美女レーサー荒川ひかり、優勝へ全力疾走/京王閣

<京王閣競輪:ガールズケイリン>◇F2◇2日目◇25日 荒川ひかり(25=茨城)が得意の京王閣で輝いている。予1・2着に続き、予2・6Rでもまくった岡本二菜-高橋梨香の後ろから差し足を伸ばして2着。勝った高橋に8分の1輪差の惜敗に「差したと思ったけど…。踏む…

山田哲也カモ接触?で失速…V戦で挽回する/平和島

<平和島ボート>◇5日目◇25日 準優12Rは波乱の結末となった。予選トップ通過でインに座る山田哲也(38=東京)が、1Mを先マイした直後に急に失速。スリットで後手に回った上村純一に差しを許した。 山田に何が!? 前半7Rで大外枠から1着になっており、ここ…

福島勇樹「行き足いい」Vへ納得の仕上がり/平和島

<平和島ボート>◇5日目◇25日 福島勇樹(41=東京)が8月多摩川以来の優勝に近づいた。予選2位通過で迎えた準優11Rはインからトップスタートで飛び出し、危なげなく先マイを決めて逃げ切った。4日目から4連勝に「行き足がいい。伸び返す感じがあるし、ターン…

湖面巧者の西山昇一、6枠からしぶとく迫る/びわこ

<びわこボート>◇5日目◇25日 ベテラン西山昇一(60=愛知)がびわこ巧者ぶりを発揮した。 予選道中は未勝利ながら堅実に舟券に貢献し、予選を14位で突破。5日目は、5Rでしっかり逃げて今節初勝利を飾ると、勢いに乗った準優11Rは鋭角にまくり差して2着を奪…

吉田拡郎が今年3度目優勝へ、ファイナル1枠/児島

<児島ボート>◇5日目◇25日 吉田拡郎(38=岡山)が今年3度目の優勝へ、スタートを踏み込む。 準優12Rは、インからコンマ10のトップスタートを決めて軽快に逃げ切った。「かかりがいい。しっかり調整を合わすことができた。優勝戦はスタートに集中します」と…

菊池宏志、デビュー初優出の経験を生かす/福岡

<福岡ボート>◇前検日◇25日 菊池宏志(28=山口)がデビュー初優出の経験を今後に生かす。10月びわこルーキーシリーズで優出して6着。「準優でスタートを踏み込み過ぎた(コンマ00)。その分、優勝戦は行けなかった」とコンマ25とスタートで立ち遅れた部分…

もはやお化け級の足、高田ひかるの優勝が濃厚/鳴門

<鳴門ボート>◇4日目◇24日 高田ひかる(26=三重)が優勝戦も猛烈パワーで圧倒してくれそうだ。今節は枠番問わず上位着を量産し、桁違いの足をまざまざと見せつけてきた。 「全部の足がいい。レーサーになってから3本の指に入るくらい。伸びを重視した調整…

JRAジャパンC(G1)「話題沸騰」アノ馬の鞍上がついに決定! 代打職人・池添謙一と「夢のタッグ」叶わず……。東京最終レース仕様で好走態勢に

29日、東京競馬場でジャパンC(G1)が開催される。アーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクトの3冠馬対決が大きな注目を集めている。 他にもG1馬のグローリーヴェイズ、キセキ、昨年の2着馬カレンブーケドールなど、豪華メンバーが出走するため、競馬…

JRAジャパンC(G1)「三つ巴」ムードの下馬評に異変!? 早くもアーモンドアイ”一強”ムード…… ”不穏な噂”が付きまとうあの馬に「三強脱落」の危機

29日、東京競馬場ではジャパンC(G1)が行われる。アーモンドアイは引退レースとなるこの舞台で有終の美を狙う。また、無敗の三冠馬コントレイル、デアリングタクトも虎視眈々と世代交代を目論んでいる。 アーモンドアイとしては初対決となる2頭のいずれかに…

JRA武豊『早くなんとかしたいというのが本音』長年の頭痛のタネ解消はアノ馬で!? メイケイエール、ヨーホーレイクに続く第3の矢! 21度目の挑戦で悲願成就なるか

23日、東京競馬場で開催された東京スポーツ杯2歳S(G3)は、1番人気のダノンザキッドが優勝。2着に戸崎圭太騎手のタイトルホルダーが入り、3着に武豊騎手のジュンブルースカイ(牡2、栗東・友道康夫厩舎)が続いた。 ジュンブルースカイは中団で運ばれ、直線…

JRAジャパンC(G1)C.ルメール「匂わせ」発言に本音がチラリ!? アーモンドアイが警戒している相手は…… ライバル2頭の評価に微妙な温度差も

29日、東京競馬場で行われるジャパンC(G1)では、8冠馬アーモンドアイと無敗の三冠馬2頭が激突するという史上類を見ないドリームマッチが実現する。 アーモンドアイが勝てば史上最多となる芝G1・8勝をさらに更新する9勝。コントレイル、デアリングタクトは…

元JRA細江純子さん、コントレイルに「辛口ジャッジ」!? 「正直、菊花賞の方が……」ジャパンC(G1)陣営「良化強調」も、最終追い切りは……

25日、ジャパンC(G1)に出走するコントレイル(牡3歳、栗東・矢作芳人厩舎)の最終追い切りが行われた。 栗東・坂路コースで単走にて行い、4ハロン53秒3、ラスト12秒2をマーク。今週末に控えるドリームマッチへの最終調整を軽快な足捌きで終えた。 菊花賞(…

JRA C.ルメールがコロナ禍を味方に賞金“荒稼ぎ”!? ジャパンC(G1)アーモンドアイで「大記録」更新も視野に

JRAは21日からの3日間開催を終えて、今年の競馬も残り5週間となった。年末までに行われるG1レースは6つ。29日には、3頭の3冠馬が顔をそろえたジャパンC(G1)が開催される。 注目は、このレースで現役最後を迎えるアーモンドアイ(牝5歳、美浦・国枝栄厩舎)…

JRA「ディープインパクト後継問題」アーモンドアイ父に「失格」の烙印!? リーディング2位ロードカナロア「2021年種付け料」まさかの大幅ダウンの真相

24日、社台スタリオンステーションが2021年度の繋養種牡馬の種付け料を発表した。 昨年、長く日本競馬を牽引したディープインパクト、キングカメハメハという2大巨頭を同時に失った社台スタリオンステーション。それだけに「次代の看板」がどの種牡馬になる…

JRA「5万超え」プラチナチケット化したジャパンC(G1) “確実に入場できる”アノ人達にも、意外な「苦悩」が!?

コントレイルとデアリングタクトによる無敗の3冠達成、アーモンドアイによる芝G1・8勝など記録づくめの秋競馬。その主役である3頭が集って行われるのが、29日のジャパンC(G1)だ。 これまでに3冠馬対決が行われたのは4回。ミスターシービーとシンボリルドル…

JRA関西の大物「アイツは伸びてくる」横山典弘にも怯まない若手が急成長!? 大穴連発に穴党大絶賛も…… 乗り越えるべき見えない敵とは

現在、関東で注目の若手といえば、23日現在で81勝を挙げる横山武史騎手が代表格だろう。ベテラン騎手を寄せ付けず、関東のリーディングトップを独走中である。その他にも35勝で11位の藤田菜七子騎手、32勝で12位の武藤雅騎手などの次代を担う若手騎手が活躍…

石丸海渡、2節連続Vでも「満足せずに」/江戸川

<江戸川ボート:ルーキーシリーズ>◇最終日◇24日 石丸海渡(27=香川)がインからトップスタートを決めて押し切り、前節鳴門から連続Vを遂げた。 それでも石丸は「内容は50点。結果、逃げられたけど」と辛口採点。今節はオーバーエージ参戦だが、予選はイン…

超異例!3日目10Rは4艇立てで行われる/住之江

<住之江ボート>◇3日目◇24日 10Rは超異例の4艇立てで行われることとなった。 4枠森永淳が2R後に私傷病、6枠西野雄貴が3R後に公傷で、ともに管理解除となったため。

JRA「鞍上問題」勃発の悪夢再び!? 池添謙一「モチベーションがあがりません」…… 「大誤算」ジャパンC(G1)サートゥルナーリア回避にショック隠せず!

8冠馬アーモンドアイと無敗の三冠馬2頭というドリームマッチが期待されている今年のジャパンCだが残念な知らせが入った。 主戦のC.ルメール騎手がアーモンドアイに騎乗するため、池添謙一騎手と新たにコンビを組む予定だったサートゥルナーリアだが、脚部不…