2020-06-30から1日間の記事一覧

佐々木康幸がイン速攻で今年2度目優勝/津

<津ボート>◇最終日◇29日 佐々木康幸(46=静岡)がイン速攻で今年2度目の優勝を飾った。今節は調整が思うようにはかどらなかったが、最後に間に合わせた。「試運転を2周だけしたけど、一番いい状態でした」。 28日に静岡支部の先輩、徳増秀樹が宮島グラチ…

田川大貴が予選突破「最近の中ですごくいい」/尼崎

<尼崎ボート>◇3日目◇29日 田川大貴(22=長崎)が3日目8Rでイン逃げを決めて2勝目、予選突破を決めた。 駆る16号機は複勝率13・5%と低いが、力感あふれるレース足に仕上がっている。「ここ最近の中ではすごくいい。スタートは放ったし、1Mも差されたと思…

新台「GOD揃い」が強力な「スピンオフ」!? 最大手ユニバーサル「パチスロ新機種」ティザーPV第2弾を公開!!

「その正体」が明らかとなりつつある。 ユニバーサルエンターテインメントは6月25日、同社のYouTube公式チャンネルにてパチスロ新機種のティザーPV第2弾を公開した。 同社は4月に革新と伝統をコンセプトとしたボーナスタイプの『サンダーVライトニング』、5…

パチスロ「4号機」爆裂AT時代の名作…「最大255連」の「超強力AT機」を特集!【サイバードラゴン編~】

21世紀の始まりである2001年は、4号機「爆裂AT時代」の始まりともいえる。 厳密には、サミーの『獣王』は2000年12月の登場だが、2001年になるとアルゼ(現・ユニバーサル)が『コンチ4X』、平和が『ゴルゴ13』、ロデオが『インディジョーズ2』など、各社が「規…

パチンコ「時速3万発」に偽りなし!?「ハイスペックの大量出玉時代」へ突入!! 【谷村ひとしパチンコ実戦記】

全面自粛解除でホールも営業に力が入ります。 心配された客足もジワジワ増えはじめ、中には、自粛前よりお客さんの増えたホールもあって、つくづくパチンコの根強いファンの多さを感じてしまいます。ただし、いまいち海コーナーのお年寄りというか女性客が減…

パチンコ「激甘スペック」の再来!? 大連チャンを生む「ハイスペックST」との声が浮上…

パチンコ新時代の主役も不動のものとするのだろうか。 継続率約93%のRUSHが平均約3.5秒で決着し、加速度的に出玉を獲得できる超新星『P大工の源さん超韋駄天』を導入したSANYO。「時速3万発」とも称される破格の爆発力は、これまでのP機の概念を覆した「偉業…

パチンコ『北斗の拳』シリーズに「落とし穴」!?「逆10万発」もありえそうな展開に息も絶え絶え…

『伝承』『強敵』『ケンシロウ』『ラオウ』でだいたい2万5000発を稼ぎ出した「歴代北斗の拳シリーズで10万発を目指す」このコーナー。 1機種あたり6000発くらいなので若干物足りなさも否めないが仕方ない。以降の機種は1機種平均1万発くらいはやってもらわな…

JRAアーモンドアイ8冠阻止に新たな刺客誕生! 宝塚記念(G1)圧勝クロノジェネシスが最強馬に殴り込み!? 激突の舞台はやはり……

今年上半期G1の総決算・宝塚記念(G1)を勝ったクロノジェネシス(牝4、栗東・斉藤崇史厩舎)の評価がうなぎ上りとなっている。2着キセキに6馬身差をつけた圧勝劇は宝塚記念史上最大着差のオマケつきだ。昨年の秋華賞(G1)に続きG1・2勝目を手に入れ、秋の…

JRA宝塚記念(G1)「何故」武豊キセキは復活したのか? 安藤勝己氏が語った「ユタカ・マジック」の真相とは

28日、阪神競馬場で行われた春のグランプリ・宝塚記念(G1)は、2番人気のクロノジェネシスが優勝。2着以下を6馬身以上ちぎり捨てる独走で、上半期の競馬を締めくくった。 2007年以来、13年ぶりのフルゲートとなった今年の宝塚記念。前走の天皇賞・春(G1)…

元JRA細江純子さんサートゥルナーリア「距離限界」を予言!? 宝塚記念(G1)完敗で浮上した意外な「秋ローテ」とは

28日に阪神競馬場で開催された上半期のフィナーレ・宝塚記念(G1)は、2番人気のクロノジェネシスが6馬身差で優勝。雨のグランプリで、圧倒的な重巧者ぶりを見せつけてG1・2勝目を飾った。 一方、勝ち馬から離されること12馬身と3/4……衝撃的な4着完敗を喫し…