2020-09-01から1日間の記事一覧

吉田裕平が2度目の37号機「すごくいい機」/常滑

<常滑ボート:モーターボート大賞>◇G2◇前検日◇31日 東海地区トップルーキーの吉田裕平(23=愛知)が注目エンジンのひとつ、37号機を引き当てた。 これを手にしたのは4月一般戦に次いで、2度目。「すごくいいエンジンなのは分かってます」と素性の良さは織…

守田俊介が49・7%の良機で早くも好気配/常滑

<常滑ボート:モーターボート大賞>◇G2◇前検日◇31日 守田俊介(45=滋賀)が初日ドリーム組では複勝率トップ(49・7%)の12号機をゲット。早くも、好感触をにじませた。 「少し余裕があるし、乗りにくさもなかった。たぶん、何もしないと思います」。こう…

JRA C.ルメール「泥沼」の21連敗……。 復活の兆し見えた、あの「ライバル」と新潟記念(G3)は人気馬同士のガチンコ対決!

29日(土)の開催終了時点で13連敗と勝ちあぐねていたC.ルメール騎手だが、30日(日)も勝利はなく遂に「21連敗」まで到達してしまった。 この21連敗の中で、1番人気はなんと14回。こんなルメール騎手をかつて見た事があっただろうか……。 これにはいくつかの…

川上昇平「乗っていて気持ちがいい」相棒絶賛/尼崎

<尼崎ボート>◇3日目◇31日 川上昇平(51=長崎)が8Rを逃げ切って2勝目をゲットし、予選突破を決めた。もっとも、相棒の18号機はエース級。その力を引き出すことができている。「こんなエンジンは久しぶりで、乗っていて気持ちがいいですね。微調整しかして…

JRAルメール「21連敗」でもリーディングはほぼ当確!? 最大のライバル騎手が抱える勝負弱さも浮き彫りに……

先週の札幌競馬は土日ともに1番人気が全敗の24連敗と大荒れ。23日の6Rから数えて31連敗となり、本命党には苦難が続いた。 この波乱続きの原因となったのは現在、全国リーディングでトップをひた走るC.ルメール騎手だ。29、30日の2日間で15鞍に騎乗したものの…

秋元哲にエース候補56号機「全然いい」/平和島

<平和島ボート>◇前検日◇31日 前節で横沢剛治がジカまくりで優勝し、エース候補の56号機は秋元哲(31=埼玉)が引いた。 試運転だけで、機の底力を感じ取った。少しだけ表情を緩め、「直前の戸田と比べたら、全然いいです。この暑さで調整を合わせるのは難…

大波乱!中村桃佳が大外から産休明け初V/宮島

<宮島ボート>◇最終日◇31日 中村桃佳(27=香川)が産休明け初の大波乱Vを成し遂げた。 1枠の守屋美穂(31=岡山)が人気を集めたが、スリットから一気に出たのは倉持莉々(26=東京)だった。そのまままくり切るかと思われたが、さすがに守屋が猛抵抗。流…

JRA武豊ピンクカメハメハVS白毛一族の期待馬ソダシが激突! 有力素質馬が虎視眈々【札幌2歳S(G3)展望】

5日(土)、札幌競馬場で開催される札幌2歳S(G3、芝1800m)。来春の3歳クラシックを目指す馬たちが集結したが、まずピンクカメハメハ(牡2、栗東・森秀行厩舎)に熱視線が送られている。 ピンクカメハメハは父リオンディーズ、母タバサトウショウ、母父ダン…

横田茂「伸びがいい」好調機得て前検好ムード/徳山

<徳山ボート>◇前検日◇31日 横田茂(47=広島)が前検好ムードだ。手にした39号機は、前節の今井貴士が1枠で優出(4着)した好調機。「伸びが良くて乗り心地も悪くない」と好感触で、直線系の舟足を中心に注目を集めている。初日は2R3枠、10R6枠での2走。特…

山口達也、逃げて今年7度目優出で待望の初V/芦屋

<芦屋ボート>◇最終日◇31日 山口達也(33=岡山)がインからコンマ13のスタートを決めて逃げ切り、今年7度目の優出で初優勝を飾った。2着は2Mで競り勝った杉山正樹、3着には長岡良也が入り、本命サイドでの決着だった。

JRAあの国際派オーナーが新潟2歳S(G3)でワンツーフィニッシュの快挙! 新潟のマイル重賞2連勝の戸崎圭太と日曜に大暴れ

30日、新潟競馬場で行われた夏の2歳マイル王決定戦・新潟2歳S(G3)は、戸崎圭太騎手の2番人気ショックアクション(牡2、栗東・大久保龍志厩舎)が好位から抜け出して優勝。2着に1番人気ブルーシンフォニー、3着には3番人気フラーズダルムが入った。 2週前、…

総売上179億円 目標も昨年も大幅に上回る/下関SG

<下関ボート:ボートレースメモリアル>◇SG◇最終日◇30日 大会6日間の総売り上げは179億5821万8000円だった。 目標の150億円を29億円以上、昨年の大村大会を47億円以上も上回った。

寺田祥が地元SG初制覇!準完全で決めた/下関SG

<下関ボート:ボートレースメモリアル>◇SG◇最終日◇30日 寺田祥(41=山口)が逃げて人気に応え、準完全VでSG通算2回目、悲願の地元SG初制覇を成し遂げた。 地元勢のメモリアル優勝は11年福岡の瓜生正義以来。菊地孝平が道中で競り勝ち2着、菊地と競った新…

JRAスプリンターズS(G1)に暗雲!? 武豊「全然進んでいかなかった」ダイアトニックはキーンランドC(G3)で馬券圏外の大誤算

30日、札幌競馬場で行われたサマースプリントシリーズの第5ラウンド・キーンランドC(G3)を優勝したのは坂井瑠星騎手の5番人気エイティーンガール。2着は2番人気ライトオンキュー、3着に9番人気ディメンシオンが入った。 日曜の札幌は雨の影響で重馬場に悪…

JRA福永祐一「斜行」で騎乗停止! モーリス×シンハライトのセブンサミットは敗退、キタサンブラック2世を思わせるアノ馬がデビュー勝ち

30日、新潟競馬場で行われた5Rの2歳新馬(芝2000m)は、岩田康誠騎手の2番人気ブラックラテ(牡2、栗東・梅田智之厩舎)が快勝。2着に4番人気パープルレディー、3着にはヒシシュシュが入った。 フルゲート18頭立てからデルマジゾウが除外となって17頭立てに…