2020-07-03から1日間の記事一覧

まさかの非常識F…鎌倉涼2日目で即日帰郷/びわこ

<びわこボート:オールレディース>◇G3◇2日目◇2日 優勝候補がまさかの勇み足…。5Rで鎌倉涼(31=大阪)が、1枠からコンマ05のフライングを切り、後半11Rを走った後に即日帰郷となる。 8月5日からの多摩川プレミアムG1レディースチャンピオンを走り終えた後…

【SG宮島グラチャン】いぶし銀・徳増秀樹が「悲願」の初V!『モンキーターン』“主人公”も飲まれたSG優勝戦1号艇に潜む「魔物」に打ち勝つ

ボートレース宮島で行われた『SGグランドチャンピオン』は、45歳のいぶし銀、徳増秀樹(静岡)の優勝で幕を閉じた。危なげないイン逃げの横綱相撲だったが、その裏には初めて経験するSG・1号艇のプレッシャーという魔物との戦いがあった。 徳増はレース後、…

甘デジに「革命」が巻き起こる!? 「遊タイム」×「秒殺V-ST」に高まる期待!!

新規則が施行されたときに、今のような計り知れない瞬発力を秘めた「爆裂機」がホールを席巻するなど、誰が予想できただろうか。 初代『牙狼』を超える時間性能を実現した『P10カウントチャージ絶狼』や、短時間での万発報告もある『P大工の源さん 超韋駄天…

パチンコ『北斗の拳』シリーズで「10万発」間もなく達成!一台あたり「1万発超え」も“覇者”なら余裕!?

777TWONに搭載されている『ぱちんこ北斗の拳』シリーズを打って合計出玉10万発を目指すこの企画。ここまでトータル8機種打って約4万5000発です。残りは『6』3タイプと『7』『8』の5機種なので2/3を打ってきたことになりますが、目標出玉の半分にも達していな…

JRA藤沢和雄厩舎「最後」のクラシック大本命!? 全姉ハープスターの超大物が仕切り直しの函館でヴェールを脱ぐ

ついに噂の超大物候補がヴェールを脱ぐ。アークライト(牡2、美浦・藤沢和雄厩舎)が5日の函館5R(芝1800m)でようやくお披露目となりそうだ。 当初は東京でのデビューを予定していたが、開催が進んで馬場が悪くなってきたことを考慮して延期。満を持しての…

JRAラジオNIKKEI賞(G3)逃げ馬から“逃走”!? 残念ダービー「回避馬」から紐解ける“大渋滞”がレースのカギ!

5日、福島競馬場でラジオNIKKEI賞(G3)が行われる。「残念ダービー」とも呼ばれるレースだが、一昨年の2着馬フィエールマンはここから菊花賞(G1)を制しており、秋を見据える上で重要な1戦と言えそうだ。 また、過去10年のうち7回はフルゲートで行われるほ…

JRA戸崎圭太、三浦皇成ら猛追も「関東0勝」で関東リーディング君臨の怪!? まさかの“珍記録”達成へ吉田隼人の「徹底戦略」とは

宝塚記念(G1)をラストに上半期を終えた競馬界。騎手リーディング争いでは首位のC.ルメール騎手を筆頭に、川田将雅騎手、武豊騎手と昨年の1、2、3位が、そのまま健在ぶりをアピールしている。 その一方で、今年大きな「異変」があったのが関東リーディン…

JRAラジオNIKKEI賞(G3)キズナ産駒「代表格」にとっては通過点!? 一族の悲願へ、ルリアン視線の先は「打倒コントレイル」!

5日(日)、福島競馬場では3歳馬によるハンデ戦、ラジオNIKKEI賞(G3)が行われる。2年前にはフィエールマンが2着に入り、秋に菊花賞(G1)を制覇。夏の福島をステップに大きく羽ばたいた。今年は出走馬の中から秋の飛躍につなげる馬は現れるだろうか。 2連…

JRA 「ルメール天下継続」、レーン&川田将雅「G1不振」「名馬&名オーナー死去」コロナ感染対策「造反騎手」【JRA春競馬ネガティブ総括】

前編は、この半年の間に競馬界で起こったポジティブな出来事を、下手の横好きライター「A」と、当サイトの酔いどれデスク「Y」が徒然なるままに話した。その後編にあたる今回は、ふたりが【ネガティブ】に思った出来事を中心に展開していく。 デスク「Y」:…

JRA上半期総決算「大ブレイク」したのは誰? 昨年から大躍進もあれば、好調に見えて実は大不振も……、後半戦は「アノ騎手」を狙い撃ち

先日の宝塚記念(G1)はクロノジェネシスの圧勝に終わり、今年の中央競馬も折り返しに入った。ドラマチックなレースが行われた一方で、存在感が際立った騎手もいれば、精彩を欠いた騎手もいた。キセキを復活に導いた武豊騎手やグランプリ男といわれる池添謙…