2020-08-28から1日間の記事一覧

西岡成美が5万円超え波乱呼ぶ通算5勝目/宮島

<宮島ボート>◇2日目◇27日 西岡成美(24=徳島)が4Rで1着、3連単5万9950円の高配当となった。 イン中村桃佳と、2コースからまくろうとした守屋美穂がやりあうところを、3コースから差し抜けた。「足は普通ですが、展開が良かったですね」。姉の育未を追っ…

間嶋仁志が唯一の連勝、3連勝へ視界良好/びわこ

<びわこボート>◇初日◇27日 間嶋仁志(51=三重)が唯一の連勝発進を決めた。 3Rは3コースからまくり一撃、11Rはバックで伸びる岡田憲行を相手に押し切った。2走ともにトップスタートを決めたが、特に11Rは地元のスタート巧者片橋幸貴よりも踏み込んだコン…

新田泰章、4走オール2連対で予選首位快走/児島

<児島ボート>◇2日目◇27日 新田泰章(33=広島)がオール2連対にまとめ、予選前半を得点率トップで折り返した。 前半3Rは道中の追い上げで白星を飾ると、後半11Rは6コースから道中は3番手、北川潤二を逆転して2着に入った。「足はいいですね。握って回る足…

坪井康晴のエンジンが本格化「微調整だけ」/多摩川

<多摩川ボート>◇3日目◇27日 坪井康晴(42=静岡)のエンジンが本格化してきた。 7Rは4枠から惜しくも3着だったが、展示タイムは6秒65と抜けた数字をマークした。 「2日目に自分の形にペラをたたいてから足はいいです。伸びが来たし、試運転の変な感じもな…

JRA武豊に嬉しい悩み!? 4歳牡馬「最後の希望」ワールドプレミアが待望の復帰! 秋の古馬G1でアノ馬を天秤にかけることに……

4歳世代に嬉しいニュースが届いた。 27日、『サンケイスポーツ』が昨年の有馬記念(G1)以降、長期休養中だったワールドプレミア(牡4歳、栗東・友道康夫厩舎)がジャパンC(G1)で復帰する予定と報じた。 昨年の菊花賞馬であるワールドプレミア。古馬と初対…

西村勝がレースにも「洗濯」にも汗だく/三国

<三国ボート>◇G3◇3日目◇27日 西村勝(46=埼玉)が10Rを終えて、すぐにケブラーズボンやカッパの洗濯にとりかかった。 「洗濯場の職員さんの負担が少しでも軽くなるし、自分でできることは自分でやらないと。これ、記事に書いてくださいよ」とにやり。初日…

山口達也が難なく連勝「気になるところない」/芦屋

<芦屋ボート>◇初日◇27日 山口達也(33=岡山)が幸先よく連勝を決めた。前半2Rは4コースからまくり、後半12Rドリーム戦はイン逃げと2走とも完勝と言える勝ちっぷりだった。「バランスが取れて、気になるところはない」。12号機に早くも及第点を与えた。2日…

JRA「福永専用機」にも鞍上問題発生か!? グランアレグリア、タワーオブロンドンが直行するスプリンターズS(G1)でアノ馬の動向に陣営もハラハラ

昨年のスプリンターズS(G1)で4着のミスターメロディ(牡5、栗東・藤原英昭厩舎)は、福永祐一騎手とのコンビでセントウルS(G2)に向かうことが分かった。 6月に行われた安田記念(G1)では12番人気で11着と敗れたが、昨年の高松宮記念(G1)を優勝したG1…

JRAキーンランドC(G3)に「G3の怪」直撃! 武豊&ダイアトニック「死角なし」も苦戦必至か!?

30日、札幌競馬場で行われるキーンランドC(G3)に、重賞2連勝を狙うダイアトニック(牡5歳、栗東・安田隆行厩舎)が出走する。 前走の函館SS(G3)では、武豊騎手と初めてコンビを組み、初洋芝を難なくこなしたダイアトニック。19日の1週前追い切りでは、し…

JRAデビュー戦圧勝のソダシは札幌2歳S(G3)の主役候補!? “突然変異”の白毛一族が芝ダート関係なしの大活躍で夏競馬を席巻

7月12日、函館競馬場で行われた新馬戦(芝1800m)を快勝したソダシ(牝2、栗東・須貝尚介厩舎)の次走は、9月5日に札幌競馬場で行われる札幌2歳S(G3)を予定していることが分かった。 余裕のあるデビュー勝ちの内容からも、2連勝での重賞勝ちに大きな期待が…

藤原啓史朗デビュー2度目V トップS圧逃/住之江

<住之江ボート>◇最終日◇26日 藤原啓史朗(30=岡山)がデビュー2回目、住之江初優勝を飾った。2着は末永由楽(33=岡山)、3着は松崎祐太郎(32=福岡)が入った。 進入は123・465。藤原はコンマ07のトップスタートで他艇をまったく寄せつけず、堂々と逃げ…

JRA「不可解騎乗」M.デムーロ、前日から予兆があった!? 成績と評判が右肩下がりの「苦境」を乗り越えるには……

23日に行われた札幌記念(G2)は2番人気ノームコアの優勝で幕を閉じた。昨年のヴィクトリアマイル(G1)勝ち馬は久々の2000m戦でも、その力を存分に発揮した。 その一方、単勝1.9倍の圧倒的な1番人気に支持されたラッキーライラックは3着に終わった。 2番手…

テレワークの秘密兵器”ブリンカーメガネ”装着で集中力が大幅アップも? 「ブリンカー効果」はレッドアンシェルが証明済!?

23日、小倉競馬場で行われた北九州記念(G3)は、福永祐一騎手のレッドアンシェル(牡6、栗東・庄野靖志厩舎)が勝利。逃げた1番人気のモズスーパーフレアを豪快に差し切った。 レースは高松宮記念(G1)勝ち馬モズスーパーフレアが逃げて主導権を奪うと、そ…

JRA“過去のG1馬”が汚名返上必至!? セントウルS(G2)にG1馬2頭が参戦表明。今年ならではの「事情」で、近走不振も問題なしか

9月13日に阪神競馬場でセントウルS(G2)が開催される。サマースプリントシリーズの最終戦だが、スプリンターズS(G1)の前哨戦という位置づけが大きいレースでもある。 今年は安田記念(G1)の勝ち馬グランアレグリア、前年覇者のタワーオブロンドンが本番…

JRA実はここまでキタサンブラック以上の成績!? セントライト記念(G2)出走のアノ馬と歴史的名馬の意外な共通点とは……

9月21日に中山競馬場で行われる菊花賞トライアル・セントライト記念(G2)。このレースに、ガロアクリーク(牡3、美浦・上原博之厩舎)が川田将雅騎手とのコンビで出走を予定していることがわかった。 父が短距離で活躍したキンシャサノキセキということもあ…