2020-09-17から1日間の記事一覧

土屋南の抽選運は◎「全体的にいい」/びわこPG1

<びわこボート:ヤングダービー>◇プレミアムG1◇前検日◇16日 ヤングダービー初出場の土屋南(23=岡山)が抽選運の良さを発揮した。 引いた50号機は複勝率42・6%。前検ではパワーの片りんがあった。「もらったままスタート特訓に行って、全体的にいいです…

柳沢一、当地4度目Vへ「最善尽くします」/江戸川

<江戸川ボート>◇5日目◇16日 柳沢一(39=愛知)が準優12Rを逃げて優勝戦1枠だ。 「足に関しては4日目と変わってないですよ。バランスが取れていますね。今節は前検でもらってすぐにペラをたたいて、ギアケースの調整をしたくらい」。そう言いながら、オー…

びわこに愛されている男・吉川貴仁/びわこPG1

<びわこボート:ヤングダービー>◇プレミアムG1◇前検日◇16日 びわこ巧者がまたも幸運!? 吉川貴仁(27=三重)が手にした21号機は、7節連続で準優進出、もしくは優出し、優勝1回。複勝率55・8%のエース級エンジンだ。 「班で一緒くらい。出足系かなという…

井上一輝がパワフル「エンジンいい」/びわこPG1

<びわこボート:ヤングダービー>◇プレミアムG1◇前検日◇16日 井上一輝(26=大阪)が早くもパワーをにじませた。足合わせ、スタート特訓とも力感にあふれていた。 「エンジンはいい。大きなことをせず、ペラをしっかり合わせたい」。複勝率47・9%の29号機…

JRA凱旋門賞(G1)武豊「使うのなら行きたい」夢優先なら秋華賞(G1)不参戦の可能性も!? 女王エネイブルとの対決実現はあの馬の出走次第

武豊騎手の凱旋門賞(G1)挑戦の可能性がまだ残されているようだ。 16日、栗東トレセンで『デイリースポーツ』の取材に応じた武豊騎手が、愛国調教馬ジャパン(牡4、A・オブライエン)での凱旋門賞(G1・10月4日、パリロンシャン競馬場)参戦に「使うのなら…

JRA武豊と名牝の繰り返す「すれ違い」再び!? 重賞勝利を逃した「鞍上交代劇」を“思い出”で払拭できるか

武豊騎手が、アドマイヤベガで日本ダービーを連覇したのは約20年前の話である。 10度目の挑戦でついに悲願を達成したスペシャルウィークに続く、2年連続のダービー制覇は史上初の快挙となった。 その後も、アドマイヤグルーヴ、アドマイヤマックス、スズカフ…

中間整備機は豊田健、渡辺翼、松井洪/びわこPG1

<びわこボート:ヤングダービー>◇プレミアムG1◇前検日◇16日 びわこの中間整備は、44号機や65号機など気配を急浮上させているだけに、プレミアムG1でも見逃せない情報だ。3基のエンジンに中間整備が入った。 ◇33号機…2週連続となった中間整備では、ギアケー…

JRA「史上最高5億円馬」全兄サトノスカイターフがデビュー間近!! サトノ軍団本命候補は 「過去の悲劇」を払拭する走りを見せられるか

“サトノ”の冠名でおなじみのオーナー里見治氏(名義はサトミホースカンパニー)。近年はG1勝利こそないものの、昨年は菊花賞(G1)でサトノルークスが8番人気ながら2着と好走。今春は皐月賞(G1)5着、日本ダービー(G1)では11着に終わったものの、ここから…

JRAローズS(G2)キズナ産駒はマルターズディオサだけではない!? コントレイルを出したノースヒルズの期待馬がトライアルから本気仕上げか

20日、中京競馬場では秋華賞(G1)の前哨戦・ローズS(G2)が行われる。普段は阪神競馬場で開催されるレースだが、今年は中京での開催となる。無敗の牝馬2冠馬デアリングタクトの秋華賞直行で、混戦に拍車が掛かるメンバー構成だ。 また、今年のローズSには…

JRA池添謙一を巡る“複雑”な「三角関係」!? ローズS(G2)「女の子なのに怒ってキレることが……」兄を知る西園正都調教師も“イクメン”ぶりに期待

「彼がいなければ……」 13日に掲載された『netkeiba.com』のコラム『今週のFace』にて、西園正都調教師が語った言葉である。 2011年の皐月賞(G1)。前哨戦の弥生賞(G2)を快勝した西園厩舎のサダムパテックは1番人気の支持を集めたが、健闘むなしく2着に敗…

JRA「元メジャーリーガー」馬主で明暗くっきり。セントライト記念(G2)ヴァルコス出走の裏で、あの馬は……

21日、中山競馬場で菊花賞トライアル・セントライト記念(G2)が開催される。菊花賞(G1)でコントレイルの3冠阻止を狙う3歳馬が集結した。 その中でも、上位人気が予想される1頭がヴァルコスだ。 前走の日本ダービー(G1)は14着に敗れたが、2走前の青葉賞…

JRAフアナ「不運・不利の連続」でもデアリングタクトに“1馬身差”!? ローズS(G2)角居厩舎の「秘蔵っ子」が両親譲りの末脚炸裂か

20日、今年は中京競馬場で行われるローズS(G2)に、注目のフアナ(牝3歳、栗東・角居勝彦厩舎)が出走を予定している。 デビュー前からその素質を高く評価されていたフアナ。今年1月の新馬戦は2着に敗れたが、勝ったのは「6億円馬」アドマイヤビルゴという…

JRAアニバーサリー・ブエナビスタカップに「宿命馬」発見! 近走不振の穴馬が「一発逆転」の命運を握る!?

今週末、中央競馬は19日から21日にかけて3日間開催で行われる。20日は中京競馬場で秋華賞トライアルのローズS(G2)、21日は中山競馬場で菊花賞トライアルのセントライト記念(G2)が開催されるなど、見所満載な3日間となりそうだ。 最終日の21日はJRAから日…

JRA「武豊×友道康夫厩舎」素質馬デゼルはアドマイヤビルゴに続けるか!? ローズS(G2)巻き返しのカギとなるのは

20日、中京競馬場ではローズS(G2)が行われる。秋華賞(G1)の重要な前哨戦となるこのレースには春の牝馬2冠を制したデアリングタクトが参戦すると見られていたが、陣営は秋華賞への直行を発表している。 秋華賞トライアルであるローズSは、3着以内の馬に秋…