2020-11-10から1日間の記事一覧

【江戸川ボート・ヴィーナスS】田口節子 今年4回目のVへ「一晩考えて何かします」

ボートレース江戸川の「ヴィーナスシリーズ Yes!高須クリニック杯」は9日、準優勝戦2番勝負が行われ、10日最終日の第12R優勝戦に出場するベスト6が勝ち上がった。 5日目準優11Rは1号艇の西舘果里(みさと、東京=33)が逃げ切って自身2…

竹井奈美が江戸川初優出「展開突く準備」/江戸川

<江戸川ボート:ヴィーナスシリーズ>◇5日目◇9日 レディースチャレンジカップ(24~29日・蒲郡)を控える竹井奈美(31=福岡)が準優11Rで3着。当地で初優出を果たした。 カドまくりでインの西舘果里に襲いかかったが、伸び返された。優勝戦は大外枠でも「…

坪井康晴、本体整備実った DRはまくり差し/福岡

<福岡ボート:福岡チャンピオンカップ>◇G1◇初日◇9日 メイン12Rチャンピオンドリームは、坪井康晴(43=静岡)がまくり差しで制した。吉川の握る展開を見て、俊敏に艇団を割った。 「パワーアップしている。試運転から少し伸びていたし、回ってからの足も良…

瓜生正義が2着2本、勢い乗って2日目DRへ/福岡

<福岡ボート:福岡チャンピオンカップ>◇G1◇初日◇9日 瓜生正義(44=福岡)が好リズムを2日目につなげる。初日は2着2本。前半6Rでは前付けできずに6コースからとなったが、道中で追い上げを見せた。後半10Rは握って2着。 「威張れる足ではないけど、前検よ…

JRA C.ルメール&武豊に明暗くっきり!? ベストタッチダウン阪神替わりが裏目で、「13年ぶり」はお預け……

7~8日のJRAはG1レースの開催がなかったが、土日の2日間で4つの重賞が行われた。このうち東京競馬場で2つの重賞を制したのが、現在リーディング首位を走るC.ルメール騎手だった。 7日には、モントライゼで京王杯2歳S(G2)を、翌8日にはオーソリティでアルゼ…

吉川貴仁が準優競り勝ち「チャンスはある」/三国

<三国ボート>◇5日目◇9日 吉川貴仁(27=三重)が、今年7度目の優出を決めた。1枠の準優11R、伸び抜群の高橋竜矢と激しく競り合って何とか逆転勝ちした。「簡単に逃げ切れたと思ったが、1Mは差されていてびっくり。でも、そこからの足が良かった」と相棒に…

デムルメ時代はもう終わり!? 元JRA安藤勝己氏「やっぱりルメール」好騎乗連発に大絶賛…… 「無双モード」入った秋、驚愕の勝率5割超え

今年の騎手リーディングもはや「当確」か。 11月8日現在、178勝を挙げて1位のC.ルメール騎手は、150勝を挙げて2位の川田将雅騎手に28勝差をつける独走態勢。2017年から3年の間、守り続けた最多勝騎手の座は、今年も盤石の体制となりそうだ。 リーディングを…

パワフルな西橋奈未「何も言うことないです」/芦屋

<芦屋ボート>◇2日目◇9日 女子レーサーの西橋奈未(24=福井)がパワフルな走りを見せつけている。1、2着にまとめてオール2連対を守った。12Rで一緒に走って1着だった興津藍が「5番(西橋)がすごく出てる」と推奨するほどの足だ。 「ピット離れもいいし、…

本命バトル祭初の下克上!B級の畑田汰一がV/戸田

<戸田ボート>◇最終日◇9日 戸田ボートの名物企画レースである「本命バトル祭」で、初の下克上が起こった。 優勝戦は6枠の畑田汰一(22=埼玉)が5コースに入り、1Mは冷静に差して1着。通算2回目、地元の戸田では初優勝となった。10年から始まった本命バトル…

渡辺睦広が強気のレースで準優へ進撃するぞ/尼崎

<尼崎ボート>◇3日目◇9日 渡辺睦広(51=東京)が果敢なレースを見せた。3日目11Rは2コースからコンマ09の踏み込み。インで遅れた山田亮太(41=東京)に攻撃を浴びせて、健在ぶりをアピールした。「2日目より少し良くなりました。久しぶりの尼崎だけど手探…

JRAサートゥルナーリア、エピファネイア華麗なる「シーザリオ一族」の迷える良血馬が約2年ぶりに快勝!! 全弟リオンディーズを超える才能が新天地で開花!?

池添謙一騎手と新コンビを結成してジャパンC(G1)に出走を予定しているサートゥルナーリア。4歳世代トップクラスの1頭が、コントレイル、デアリングタクトら今年無敗の3冠に輝いた2頭を迎え撃つことになった。 そのサートゥルナーリアの母は日米オークス馬…

JRA川田将雅“元サヤ”で、クリンチャー「大ピンチ」!? 蘇る2年前「名馬復活」の奇跡が一瞬で終わった苦い記憶……

8日、阪神競馬場で行われたみやこS(G3)はクリンチャー(牡6歳、栗東・宮本博厩舎)が優勝。12月に行われるチャンピオンズC(G1)の優先出走権を獲得した。 2年9か月ぶりの優勝を飾るとともに、ダート7戦目にして待望の勝利となったクリンチャー。今年2月の…

【JRA】新型コロナウイルス感染症対策への支援として30億円を拠出

JRAは9日、JRAアニバーサリー当日(9月21日)開催の勝馬投票券の売り上げから30億円を拠出し、新型コロナウイルス感染症対策への支援に充てると発表した。 内訳は医療機関への支援として日本赤十字社=10億円、全国厚生農業協同組合連合会の関…

パチスロ衝撃の「4大上乗せ特化ゾーン」搭載の“理想スペック”!? ファンが求める全てが「完全集約」された超大物!

新しい風を送り込む「挑戦」という開発コンセプトで、数々のヒット作を輩出してきた実力メーカー「七匠」。 『BLACK LAGOON』や『天元突破グレンラガン』などの人気コンテンツを手掛け活躍を続ける同社は、次なる挑戦として超人気版権をリリースした。 単行…

JRA「コントレイル世代」オーソリティ評価急上昇!? アルゼンチン共和国杯勝利で「幻のダービー馬」の声も……3歳「低レベル説」に反撃なるか

8日、東京競馬場で行われたアルゼンチン共和国杯(G2)は、C.ルメール騎手と初コンビとなったオーソリティ(牡3、美浦・木村哲也厩舎)が優勝。 アルゼンチン共和国杯は17年スワーヴリチャード、16年シュヴァルグラン、10年トーセンジョーダンなど、ジャパン…

JRAアルゼンチン共和国杯(G2)「自滅の刃」荻野極にファンは不満爆発!? サンレイポケット「痛恨」6着…… 見せ場十分も明暗分けたのは

8日、東京競馬場で行われたアルゼンチン共和国杯(G2)は、C.ルメール騎手の3番人気オーソリティが快勝。5月の青葉賞(G2)以来のレースは、前走から12キロ増のデビュー最高体重での休み明け。余裕残しを懸念する声を覆し、秋のG1挑戦に弾みをつけた。 初コ…

JRA武豊ベストタッチダウン「手応え“詐欺”実況」に批判殺到!? みやこS「手応えは、それほど悪くなさそう」から最下位大敗にファンがっかり……

「どこが!?」と思ったファンも多かったかもしれない。 8日、阪神競馬場で行われたみやこS(G3)は、川田将雅騎乗の1番人気のクリンチャー(牡6歳、栗東・宮本博厩舎)が優勝。2018年に芝の京都記念(G2)を勝ち、凱旋門賞(仏G1)にも挑んだ実力馬が、ダート…