JRA武豊ジャパンC「どの馬が東京2400mでベストかな?と思ったら」アーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクトの中から選んだのは……

19oaks_takeyutaka02

 18日、大井競馬場で開催されたサンタアニタトロフィー(S3)の開催に伴い、JRA騎手の武豊、M.デムーロ和田竜二によるトークショーが行われた。

 

 例年7月に行われている大井競馬お馴染みのイベントだが、今年はこの時期に開催。新型コロナウイルスの影響により、トークショーライブ配信で行われることとなった。

 

 3年連続で同じ3名ということもあって、今年も息の合ったトークを繰り広げる“レギュラー陣”。姉妹提携が結ばれている米サンタアニタパーク競馬場や、先月の凱旋門賞(仏G1)などが話題に挙がった中、特に注目されたのが29日に東京競馬場で開催されるジャパンC(G1)の見解だった。

 

 史上最多となる芝G1・8勝目を挙げたアーモンドアイに、無敗の三冠を成し遂げたコントレイル、デアリングタクトが挑む今年のジャパンCは、紛れもなく競馬史に残る一戦だ。すでに競馬ファンやメディアを中心に、大きな注目を集め始めている。

 

 それだけに「(アーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクトの)3強の内、どの馬に騎乗してみたいですか?」という質問に対して、武豊騎手は「これ、結構難しくないですか? 難しいというより、影響がありすぎるんじゃないですか(笑)」と、思わずツッコミ。

 

「では、どの馬が強そうですか?」という幾分やんわりとした質問にも「みんな強い」と具体的な名前は挙がらなかった。「予想するのももったいない。あれこれ言わんでも、ただただ見たいっていうレース」というのは和田騎手の言葉だ。

 

 そんな中、「うーん……」と唸った後に、“あの馬”の名前を挙げたのが武豊騎手だった。

 

Copyright © Business Journal All Rights Reserved.
19ho-pufuru_kontoreiru05
武豊騎手は「3頭で『どの馬が東京の2400mがベストなのかな?』と思ったら、コントレイルのような気はしますけどね」と発言。今週のマイルCS(G1)でも有力視されているサリオスを3馬身ちぎった日本ダービー(G1)の印象が強く残っているようだ。

 

「今年は現地のファンの前でするトークショーと違って、ネット上でのライブ配信ということもあって、トークの内容はかなり控えめでしたね。お酒の量が足りなかったのかもしれません(笑)。

 

東京・芝2400mの持ち時計といえば、やはり一昨年のジャパンC(G1)で世界レコードを記録したアーモンドアイに一日の長がありますが、今年も春はヴィクトリアマイル(G1)、安田記念(G1)と進んだように、基本的には2000m以下がいい馬。

 

デアリングタクトもコントレイルの日本ダービーとも0.3秒しか変わらない優秀な時計でオークス(G1)を勝っていますが、武豊騎手の印象に残っているのはコントレイルの日本ダービーのようですね。その直後には『知らんけど(笑)』と、とぼけていましたが」(競馬記者)

 

 武豊騎手が挙げたコントレイルに対して、デムーロ騎手が「何回も一緒に走ったけど、ただただ強い」と言えば、和田騎手も「全然、敵う感じがしなかった」とクラシック三冠レースでの戦いを振り返っている。

 

 ただ、「ワールドプレミアもいるんで」と自身が騎乗する昨年の菊花賞馬の名を挙げることも忘れなかった武豊騎手。「乗るからには大金星を挙げたいという気持ちはありますよ」と番狂わせを誓っていた。

 

Copyright © Business Journal All Rights Reserved.