2020-07-31から1日間の記事一覧

吉田慎二郎が連勝、3連単8万円超も演出/平和島

<平和島ボート>◇3日目◇30日 吉田慎二郎(37=愛知)がイン逃げとまくり差しで連勝した。 特に後半12Rは5コースから勝って、3連単は8万円を超える高配当を提供した。「連勝できて良かったです。出足系なので、まくり差しに入れたと思う。乗りやすいし、ター…

JRA「千直マイスター」がかえって裏目!? ライオンボスはなぜアイビスS(G3)で控える競馬を試したのか

26日、新潟競馬場で行われたアイビスサマーダッシュ(G3)は菱田裕二騎手の2番人気ジョーカナチャンが制して重賞初制覇を飾った。 相棒の力を信じて真っ向勝負に徹した菱田騎手の好騎乗も光った。同馬を管理する松下武士調教師によると、次走は8月23日に小倉…

前回優勝機の渋谷明憲が2着2本スタート/浜名湖

<浜名湖ボート>◇初日◇30日 渋谷明憲(34=大阪)が、2、8Rを2着2本でまとめた。 前回優勝の17号機は前検こそムードの良さを感じなかったが、実戦での力強い動きに満足げだ。「何もしていないのに回転が上がっていました。乗りやすいし、出足関係がいいです…

ボートレーサーから2人目の新型コロナ感染

日本モーターボート競走会は30日、ボートレーサー1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。選手のコロナ感染は2人目。 当該選手は28日夜に自宅で発熱。29日にPCR検査を行い、同日夜に陽性が判明。緊急入院となった。管轄する保健所から濃厚接触者と特…

JRAドゥラメンテに種牡馬成功の兆し見えた!? 適性は父キングカメハメハではなく、まさかのアノ馬そっくり?

昨年亡くなった2大種牡馬ディープインパクト、キングカメハメハの後継種牡馬争いは、新種牡馬を含め混戦となっている。とりわけ、その中でも大きな注目を集めていたのがドゥラメンテとモーリスだった。 ドゥラメンテは父キングカメハメハ、母系にはダイナカ…

JRA クイーンS(G3)藤岡康太騎手カリビアンゴールド「継続騎乗」はプラスとなるか!? 激走を予感させる「反撃材料」とは

8月2日、札幌競馬場で開催されるクイーンS(G3)に昨年の3着馬カリビアンゴールド(牝6歳、栗東・鮫島一歩厩舎)が乗り込んできた。 前走の巴賞(OP)では3着に敗れたとはいえ、積極的なレース運びで粘り込んだ。昨年好走した舞台でさらなる前進も期待できそ…

魚谷智之が連勝発進「レース足を重視する」/びわこ

<びわこボート:びわこ大賞>◇G1◇初日◇30日 G2の無念はG1で晴らす! 魚谷智之(44=兵庫)が連勝発進を決めた。2Rは外マイ強襲から粘る西山貴浩を2Mさばいて決着をつけた。続く8Rではコンマ12のトップスタートから堂々と押し切った。「2Rは積極的に攻めよう…

プレミアムG1レディースC 5日に多摩川で開幕!

第34回プレミアムG1レディースチャンピオン(8月5~10日)を開催する多摩川ボートの関係者が30日、東京・築地の日刊スポーツ新聞社にPR来社した。当地での開催は9年ぶり8度目。女子の実力派がそろい、連覇がかかる大山千広は初日のドリーム戦5枠で臨む。 “静…

3日目4R3艇F 拡連複、3連複は不成立/平和島

<平和島ボート>◇3日目◇30日 4Rで集団フライングが発生した。3枠荒田泰明(コンマ02)、4枠乃村康友(同03)、5枠入沢友治(同04)がスリットオーバー。拡連複、3連複は不成立となった。乃村は「スタートが届きやすい条件に、自分が合わせられなかった」と…

JRAディープインパクト没後1年。ナッソーS(G1)に海外最後の「大物候補」が出走! “近代競馬の結晶”の娘がディアドラに立ちはだかる

30日、ディープインパクトが他界してから丸一年となる。 現役時代は14戦12勝(うちG1・7勝)を挙げ、種牡馬としては8年連続リーディングサイヤーに輝いており、今年もトップを独走中。競走馬としてのみならず、種牡馬としても超一流と呼ぶに相応しい名馬だっ…

JRA堅いクイーンS(G3)も今年は波乱濃厚!? 人気馬にとって「不吉」なデータが継続中

8月2日、札幌競馬場では牝馬の重賞クイーンS(G3)が行われる。クイーンSとはいえば、過去10年で1番人気が5勝、2番人気が3勝の計8勝を挙げているように”堅い”レースとしても知られている。 今年の出走予定馬では『netkeiba.com』の予想オッズによるとフェア…

JRAクイーンS(G3)コントラチェックは3着以下濃厚!? まさかの“三重苦”の一因は「リーディング首位」 C.ルメールか

8月2日(日)、札幌競馬場ではクイーンS(G3)が開催される。上位人気が予想されるコントラチェック(牝4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)は、全国リーディング首位に立つC.ルメール騎手を背に重賞3勝目を狙う。 29日(水)の追い切りでは、ルメール騎手を背に札幌…

JRA札幌芝は驚異の単勝回収率「546%」! アノ馬の札幌記念(G2)参戦を裏付ける驚愕データにラッキーライラックも戦々恐々か

29日、日本ダービー(G1)で7着のブラックホール(牡3歳、美浦・相沢郁厩舎)が札幌記念(G2)に向かうことが明らかになった。 札幌記念といえば、昨年はブラストワンピース、フィエールマン、ワグネリアンが出走した夏競馬を代表するビッグレースだ。今年も…

JRAアーモンドアイの苦悩を理解できるのは超一流プロ野球選手だけ!? 球界屈指の名手はなにを思う?

28日(火)の西武戦で通算1000本安打を達成したソフトバンクホークスの柳田悠岐外野手。プロ入り5年目の2015年に球団初となるトリプルスリーを達成し、その後も安定した打棒でチームを牽引している球界を代表する選手のひとりだ。 昨年は故障に泣き、38試合…

JRA“小倉難民”が占める新潟の味!? 開幕週24レースで関西馬「17勝」怒涛の猛威に関東関係者から悲鳴……

先週から開幕した夏の新潟開催。ある程度予想されていたとはいえ、やはり関西馬の独壇場といった結果だった。 土日で24レース中、関西馬が17勝、2着も16回、3着は10回と好走。特別戦にいたってはアイビスサマーダッシュ(G3)を含め関西馬が6レースすべてを勝…

JRAフィエールマンは足元にも及ばない!? 「世界最強」ステイヤーが凱旋門賞挑戦を示唆。エネイブルに立ちはだかるのは、A.オブライエンではなかった!?

28日、イギリスのグッドウッド競馬場でグッドウッドC(G1・芝3200m)が行われ、1番人気ストラディバリウス(牡6歳、英・J.ゴスデン厩舎)が優勝した。 7頭立ての4番手からレースを進めたストラディバリウス。最後の直線では、前が塞がり万事休すに思われた。…

【G1レディースチャンピオン】大規模イベントの制限緩和の先送りで大幅な入場制限! ドル箱の女子頂上戦線にどう影響するか?

一般戦ながら、アッと驚く80億4913万8700円を売り上げた『住之江ヴィーナスシリーズ第9戦』(7月20~25日、優勝=土屋南)。女子戦の売り上げは天井知らずで、今やボートレース界のドル箱だ。 だが、8月5日にボートレース多摩川で開幕する『G1レディースチャ…