2020-09-18から1日間の記事一覧

中島孝平、選抜快勝も気配はまだまだ/戸田

<戸田ボート>◇初日◇17日 メインの12R選抜戦は3枠の中島孝平(40=福井)がまくり差して、人気の1枠吉川元浩を破った。 前検のひどい状態を思えば、気配は上向きに映るが、中島自身は全く納得していない。「足は普通で1(吉川)、4(金田諭)の方が出ていく…

初出場の小池修平が台風の目に/びわこPG1

<びわこボート:ヤングダービー>◇プレミアムG1◇初日◇17日 大会初出場の小池修平(25=大阪)が台風の目になりそうだ。 1回乗りの9R、大外からパワフルかつ冷静に、まくり差しで突き抜けた。「伸び型にして、伸びは良かった。スタートもいいのが行けた」。…

磯部誠がドリーム白星「冷静にいく」/びわこPG1

<びわこボート:ヤングダービー>◇プレミアムG1◇初日◇17日 注目の12Rドリーム戦は、磯部誠(30=愛知)がインからコンマ13のトップスタートを決めて逃げ切り、人気に応えた。 スタート特訓や展示航走で2枠・仲谷颯仁らの伸びに「劣勢を感じていた」と振り返…

JRA藤沢和雄「12年前」のリベンジへ。レース当日、無念の取消……。ラストイヤーのアメリカ遠征で「苦い記憶」を払拭できるか

8月2日の新馬戦を7馬身差で圧勝したバニシングポイント(牡2歳、美浦・藤沢和雄厩舎)が来年に米国遠征を予定していることが明らかになった。 父タピット、母アンライヴァルドベルの米国産馬であるバニシングポイント。母と全姉のユニークベラはアメリカでG1…

JRA武豊×ジャパン「凱旋門賞挑戦」決定!! レジェンドジョッキー「不退転の覚悟」に盟友キーファーズが応えた

9月17日、株式会社キーファーズが自身のHPで、クールモアグループと共同所有しているジャパン(牡4、A.オブライエン厩舎)の凱旋門賞(G1)挑戦を表明。そして、その鞍上を武豊騎手が務めることも併せて発表した。 この発表が行われる数時間前に武豊騎手は、…

出口舞有子がドッキリTシャツで歓喜/びわこPG1

<びわこボート:ヤングダービー>◇プレミアムG1◇初日◇17日 ヤングダービー初出場の出口舞有子(27=愛知)が6Rをまくり快勝、今大会の水神祭(G1初勝利)第1号となった。 コンマ11、全速でトップスタートを決め、男子選手5人を置き去りにした。前検の感触で…

JRA武豊が凱旋門賞参戦で、国内レースは「鞍上問題」山積み。お手馬多数の秋華賞(G1)よりも、「死活問題」はアノ馬か……

17日、武豊騎手が凱旋門賞(G1)にジャパン(牡4歳、愛・A.オブライエン厩舎)で参戦することが明らかになった。同馬をクールモアグループと共同所有するキーファーズが公式サイト『キーファーズサロン』で発表した。 同サイトによると、オブライエン調教師…

出口舞有子が会心まくりでG1初勝利/びわこPG1

<びわこボート:ヤングダービー>◇プレミアムG1◇初日◇17日 ヤングダービー初出場の出口舞有子(27=愛知)が6Rをまくり快勝、今大会の水神祭(G1初勝利)第1号となった。 コンマ11、全速でトップスタートを見事に決め、男子選手5人を置き去りにした。前検の…

JRA池江泰寿厩舎期待の「1.7億円」ダノンシュネラ出陣! 父ドゥラメンテ、近親にラヴズオンリーユー、リアルスティールの超良血馬が2勝目を狙う

19日、中京競馬場で行われる野路菊S(OP)は、登録馬が6頭と非常に少ないながらも、新潟2歳S(G3)3着馬フラーズダルム、小倉2歳S(G3)4着馬ルクシオンといった重賞好走馬が出走を予定。ほかにも、武豊騎手とのコンビで新馬勝ちしたダディーズビビッドなど…

JRA短距離王国・安田隆行厩舎「最後」の忘れ物!? 完全制覇へ古馬1200m以下で唯一勝っていないあのレース

まさに「短距離王国」の真骨頂だった。 13日、中京競馬場で行われたセントウルS(G2)は、1番人気のダノンスマッシュが快勝。スプリンターズS(G1)へ大きくアピールすると、同日に行われた京成杯オータムH(G3)でもトロワゼトワルが優勝。管理する安田隆行…

JRA藤岡康太が“女心”を掴む!? ローズS(G2)「乙女」から洗練された女性へと変貌を遂げるイケメンジョッキーの気になる「お相手」

“女心”と秋の空……。 変わりやすい秋の空模様のように、人間も(競走馬も)女性の気持ちは移り気だという事だそうだ。 そんな“女心”を馬名に持つウーマンズハート(牝3歳、栗東・西浦勝一厩舎)が、秋の空のもと、日曜中京のローズS(G2)に、藤岡康太騎手で…

JRAローズS(G2)川田将雅リアアメリアは「苦戦」必至!? 約1年ぶりの「必勝仕上げ」も中京2000mが歓迎できない「理由」とは

20日(日)、中京競馬場ではローズS(G2)が行われる。今年は阪神芝外回りの1800mではなく、中京芝2000mが舞台。このコース替わりが秋華賞(G1)最重要トライアルレースで大きなカギを握りそうだ。 ワンターンで最初のコーナーまでが長い阪神1800mに比べ、中…

JRA桜花賞馬ジュエラー初仔ハイジュエラー死去…… 「牝馬3強」産駒直接対決は次代に託された

母にG1・6勝を挙げた名牝ブエナビスタを持つブエナベントゥーラ(父モーリス)、宝塚記念(G1)を勝ったマリアライトの産駒オーソクレース(父エピファネイア)、国内外G1通算7勝をあげた名牝ジェンティルドンナの3番仔ジェラルディーナ(父モーリス)、また…

JRA福永祐一「大ピンチ」スプリンターズS(G1)騎乗馬なし!? 三浦皇成、池添謙一に続く「ドタキャン被害」に戦々恐々のアノ騎手とは

福永祐一騎手にとっては大誤算だっただろう。 パートナーを選べる立場にあったはずの福永騎手だったが、10月4日に中山競馬場で行われる秋競馬最初のG1・スプリンターズS(G1)で騎乗馬不在の危機に陥る可能性が高くなった。 当初、福永騎手は今年の安田記念…