2020-09-02から1日間の記事一覧

寄付し続けるボートレーサー毒島誠が紺綬褒章を受章

紺綬褒章を受章した毒島誠(36=群馬)の褒章伝達式が1日、東京・港区の日本財団で行われた。 毒島は、被災地のために獲得賞金の一部を日本財団「災害復興特別基金」に寄付し続けた。その功績が認められ、5月30日付で紺綬褒章授与が決まった。紺綬褒章とは公…

尾嶋一広V&ギョーザ1年分ゲットへ気合十分/尼崎

<尼崎ボート>◇4日目◇1日 尾嶋一広(33=兵庫)が準優12Rを逃げ切って、今年2度目のVへリーチをかけた。今節は「餃子大好き 大阪王将杯」のタイトル。初日12Rの選抜戦を制した尾嶋は、副賞として冷凍食品セットをすでにゲット。優勝すると、さらにギョーザ1…

深川真二が初日DR勝ち「足は良くなった」/常滑

<常滑ボート:モーターボート大賞>◇G2◇初日◇1日 深川真二(46=佐賀)が、常滑連続Vへ好スタートを切った。 初日メイン12Rトコタンドリームを快勝。インからコンマ05のトップスタートを決めて豪快に押し切った。「差されたと思ったけど、ペラと外周りをや…

宮之原輝紀が逃げてルーキーシリーズ初優勝/浜名湖

<浜名湖ボート:ルーキーシリーズ>◇最終日◇1日 まくらせず、差させず-。宮之原輝紀(22=東京)がインからコンマ08スタートを決めて逃げ切った。18年8月の平和島以来、約2年ぶり通算3度目、ルーキーシリーズは初めての優勝を飾った。2着は松尾拓、3着は吉…

大山千広が前検1番時計「行き足、伸びは余裕」福岡

<福岡ボート:オールレディース>◇G3◇前検日◇1日 大山千広(24=福岡)が機力に好感触だ。前検では6秒78の1番時計をマークした。「行き足、伸びは少し余裕があります。スローのスタートは問題ないですね」。乗り心地に課題を残しながら、機力の良さを早くも…

JRAコントレイル、デアリングタクト「3冠」阻止の刺客は「上がり馬」から!? 夏に力をつけた素質馬たちに要注目

まもなく夏競馬も終了。いよいよ、菊花賞(G1)、秋華賞(G1)といった3歳G1のトライアルレース、さらに毎日王冠(G2)、京都大賞典(G2)など天皇賞・秋(G1)やジャパンC(G1)の前哨戦が行われる時期に突入する。それに合わせて夏の間は休養していた実績…

寺田祥が賞金4位へ急浮上 遠藤エミ今年初Vで反撃

<ROAD TO グランプリ&クイーンズクライマックス> 20年のグランプリ&クイーンズクライマックス出場への戦いは夏のビッグレースを終え、一気に熱気が増してきた。下関メモリアルで地元SG優勝を飾った寺田祥が賞金4位へジャンプアップ。女子は遠藤エミが今…

3Rで3艇F…古賀繁輝は非常識で即日帰郷/平和島

<平和島ボート>◇初日◇1日 3Rで3艇の集団フライングが発生した。このため、同レースの3連複、拡連複は不成立になった。 1枠でインの松本弓雄がコンマ02、前付けで2コース奪取の6枠古賀繁輝がコンマ06、3コースの2枠岡部哲がコンマ01の勇み足。 これで岡部哲…

JRA新種牡馬モーリス「2歳賞金首位」でも成功とはいえない理由……意外な活躍を見せたアノ馬に注目

先週で8月の開催も終わり、2歳戦の種牡馬成績にも傾向に変化が見えつつあるようだ。 今年、大きな注目が集まったのは何といっても新種牡馬のモーリス、ドゥラメンテだった。だが、前評判の高かったモーリス産駒のブエナベントゥーラ、レガトゥス、セブンサミ…

JRA札幌2歳S(G3)はゴールドシップ祭り!? 異例の「5頭出し」は洋芝よりも、意外な適性が大きく影響か

5日、札幌競馬場で札幌2歳S(G3)が開催される。スイープトウショウの半弟ピンクカメハメハ、白毛馬ソダシなどの有力馬が出走を予定している。 その中でも、特別登録15頭の1/3にあたる5頭を送り込むゴールドシップ産駒に注目したい。 昨年の札幌2歳Sは1着ブ…

JRA松山弘平「22連敗」の大失態にデアリングタクト “史上初無敗牝馬3冠”危うし!? 人馬ともに黄色信号点灯か

29日(土)、30日(日)はトップ騎手たちにとって受難の週末となったようだ。 先週末、C.ルメール騎手は計15鞍に騎乗し、2着5回、3着2回を数えたものの勝利はナシ。2日以上の騎乗があった週末では、17年1月21日、22日以来、3年7か月ぶりの未勝利に終わり、JR…

JRA「まだ間に合う」新潟最終週で見逃せない傾向がクッキリ! 新潟記念(G3)で狙いたい馬の”激走”条件とは

先週の開催を終えて、夏の新潟も9月6日の開催でひとまず終了。今年はまだ10月に3週間の開催を控えているとはいえ、残りわずかとなった。 次回の開催まで1ヶ月の間隔が空くが、新潟記念(G3)を予定している最終週を前に、夏の新潟開催のここまでの傾向を振り…

JRAリスグラシュー妹が4歳夏に本格化! 「放馬→そのまま出走→勝利」の衝撃から一転、横山武史が取った秘策が炸裂!

30日、札幌12Rの支笏湖特別(2勝クラス・芝1800m)は3番人気アラスカ(牝4歳、美浦・萩原清厩舎)が優勝を飾った。 前走の北辰特別(1勝クラス)は返し馬の際に放馬したアラスカ。トラックを約1周走ったあとにつかまり、馬体検査が行われるも異常は見られず…

JRA武豊、C.ルメール「全敗」の裏で、横山武史もわずか1勝。大荒れ札幌開催で恩恵を受けたのは意外なあの騎手だった

先週末の札幌競馬は1番人気が全敗という波乱の結果となった。 この一因を担ったのがリーディングトップのC.ルメール騎手だ。土日で15鞍に騎乗するも、未勝利に終わった。その内訳は、1番人気10回、2番人気5回とことごとく人気馬で敗戦を喫したのだ。 そんな…

JRA小倉2歳S(G3)ヨカヨカ以上のパフォーマンス発揮!? モントライゼより「19年ぶり」レコード更新したアノ馬が怖い理由

6日、小倉競馬場では小倉チャンプを決める小倉2歳S(G3)が行われる。2歳の夏という開催時期的に早熟馬の活躍が目立っている。その一方で、16年の勝ち馬レーヌミノルが翌年の桜花賞を優勝したように、クラシックに繋がるケースもあるため、軽視は禁物だ。 今…