JRA小倉2歳S(G3)ヨカヨカ以上のパフォーマンス発揮!? モントライゼより「19年ぶり」レコード更新したアノ馬が怖い理由

19o-rukama-nakayamakeiba01

 6日、小倉競馬場では小倉チャンプを決める小倉2歳S(G3)が行われる。2歳の夏という開催時期的に早熟馬の活躍が目立っている。その一方で、16年の勝ち馬レーヌミノルが翌年の桜花賞を優勝したように、クラシックに繋がるケースもあるため、軽視は禁物だ。

 

 今年の小倉2歳Sに出走していれば断然人気の支持を集めていたと考えられたのがヨカヨカである。同馬は先週の土曜小倉9Rひまわり賞(OP・九州産馬限定)で2歳牝馬としては異例となる57キロを背負って圧勝。動向に注目が集まったが回避となった。

 

 ヨカヨカの回避により、より多くの支持を集めることになりそうなのがモントライゼだ。6月のデビュー戦ではヨカヨカとわずかアタマ差の大接戦を演じた。この内容が評価され、単勝1.3倍の圧倒的な支持を集めた次走の未勝利戦では2着馬に大差をつける逃げ切り勝ち。小倉2歳Sの戦前の下馬評でも1番人気が予想されている。

 

 だが、フリード(牝2、栗東西園正都厩舎)も前走内容の比較だけであれば、一歩も引けを取らないだろう。

 

 8月16日に行われた小倉1R未勝利(芝1200m)をJRA2歳レコードで勝利。19年ぶりに芝1200mのレコードを更新した。7月の阪神芝1400mのデビュー戦では8着に敗れていたが、別馬にすら思える一変を見せたのである。

 

 評価したいのは1分7秒5の快時計で圧勝したレースのラップ構成だ。前半3F32秒9、後半3F34秒6を刻んで、ラスト1Fも11秒9で締めている。

 

 時計面だけに限れば、前日の15日に行われたフェニックス賞(OP)を勝利したヨカヨカの1分7秒9を0秒4上回っているのである。レコードを更新したのだから当然ではあるが、同じ小倉の芝1200m戦で0秒4差というのは無視できないだろう。

 

 このレースのラップ構成は前半3F32秒9まで同じだが、後半3Fは35秒0だった。0秒4のタイム差は後半の3Fでついたものなのだ。

 

「相手関係は無視できませんが、同じ条件でヨカヨカ以上のパフォーマンスを披露したのは特筆すべき内容です。開催や馬場状態が異なるなら誤差もありますが、土曜と日曜の1日違いなら大差はないと見てもいいでしょう。

 

短距離戦の場合は前半から各馬が飛ばしていくことが多いですから、時計面の信頼度も他の距離に比べて高くなりますね。前走と同じくらいに走れれば勝ち負け必至となりそうです」(競馬記者)



19oukashou_wada
また、ライバルとなるモントライゼが、ここまでの2戦を稍重阪神・芝1200mしか経験していないこともフリードにとって追い風となりそうだ。

 

 前走でコンビを組んだ川田将雅騎手はモントライゼに騎乗し、新たにコンビを組むのは和田竜二騎手というのも何かの縁かもしれない。

 

 フリードに更新されたかつての2歳小倉・芝1200mのレコードホルダーであるホウライアキコの主戦を務めていたのが和田竜騎手である。

 

 ライバルの強さを知る川田騎手にとっても脅威の存在となりそうだ。