JRA武豊、C.ルメール「全敗」の裏で、横山武史もわずか1勝。大荒れ札幌開催で恩恵を受けたのは意外なあの騎手だった

19supurinta-zu_rume-ru04

 先週末の札幌競馬は1番人気が全敗という波乱の結果となった。

 

 この一因を担ったのがリーディングトップのC.ルメール騎手だ。土日で15鞍に騎乗するも、未勝利に終わった。その内訳は、1番人気10回、2番人気5回とことごとく人気馬で敗戦を喫したのだ。

 

 そんなルメール騎手の不振が際立った先週の札幌開催だが、実は横山武史騎手もわずか1勝と奮わなかった。

 

●2020年の札幌開催成績(左:ルメール騎手、右:横山武騎手)
7月25日週 3勝、3勝
8月1日週  4勝、0勝
8月8日週  7勝、3勝
8月15日週 5勝、8勝
8月22日週 5勝、2勝
8月29日週 0勝、1勝

 

 今年の札幌開催は1位のルメール騎手が24勝、2位の横山武史騎手が17勝。3位の池添謙一騎手に7勝差と大きく引き離しており、上位2名で双璧を成している。特に、8月15、16日は2人で13勝と、全24レースのうち半数以上の勝ち星を占めるという暴れっぷりだった。

 

 先週末はそんな2人が不調だったことに加えて、1番人気に4回騎乗した武豊騎手も0勝。では、この恩恵を受けたジョッキーは誰なのか探ってみた。


GgGjb7sTzLaT54x1598941239_1598941244


 まず、1人目は3勝を挙げた吉田隼人騎手だ。現在、53勝で関東リーディング2位の中堅騎手が2番人気で2勝、5番人気で1勝して存在感を見せた。

 

「吉田隼騎手は上半期終了時点で関東リーディングトップでした。これはライバルが手薄となるローカル開催で勝ち星を稼ぐという徹底した戦略が功を奏しての結果です。

 

しかし、騎手が分散する夏競馬ではトップジョッキーとの対決は避けられません。その結果、横山武騎手に関東リーディングの座を奪われました。ただ、それでも北海道開催で勝ち星を荒稼ぎしている2人が調子を落としたときに結果を残すのはさすがですね」(競馬記者)

 

 そして、3勝を挙げた騎手はもう1人いる。それは3番人気、5番人気、10番人気と人気薄で勝利を飾った勝浦正樹騎手だ。



19satsuki_padokku_katuura
 実は、北海道開催フル参戦の勝浦騎手だが、先週まで今年の札幌開催はわずか1勝だった。しかし、穴馬での活躍は目を見張るものがある。先週の結果も含めて、10番人気で2着1回、3着3回、9番人気で3着、7番人気で2着と3着が1回ずつと、勝負強さが光る騎乗成績だ。

 

 昨年の札幌開催でも、複勝率19.0%ながら複勝回収率99%と高い数字を誇っていたように得意舞台。今年はそれを上回る128%を記録しており、狙いたい穴騎手の1人と言えるだろう。

 

 残り1週となった札幌開催だが、最終週も勝浦騎手が思いもよらぬ波乱を起こすことに警戒が必要かもしれない。

 

 勢いに乗る吉田隼騎手と勝浦騎手から目が離せない。