JRA川田将雅、C.ルメールの馬券的「狙い所」くっきり!? 今、美味しい「ローカル王」はあの騎手か【2020上半期ジョッキー総括】

17hanshin_keiba17
宝塚記念そして6月が終わり、JRA日本中央競馬会)も2020年の上半期が終了した。

 

 今週からは本格的な夏競馬が開幕するわけだが、その前にこの6か月をおさらいしておきたい。夏競馬を勝つためにも、しっかりと復習することは大事だからだ。今回は騎手や調教師など様々なジャンルの上位成績者を調べ、その内容をチェックしてみた。馬券の参考になる要素も多くあるので、ぜひ確認してもらいたい。

 

■騎手
・関東リーディング
1位 吉田隼人 39勝
2位 横山武史 39勝
3位 三浦皇成 37勝

 

18yasuda_yoshidahayato


意外な騎手が上位となっているが、吉田と横山は裏開催で稼いでおり、吉田はなんと東京と中山で未勝利。しかも東京は一度も騎乗なしという徹底ぶりだ。勝利数は確かに多いが、重賞も未勝利で内容的には評価が難しいところ。

 横山は東京と中山が合わせて14勝と全体の半分以下。函館開催も3週間で8勝は立派だが、やはりトップジョッキー不在の恩恵は少なくないだろう。

 その点、怪我で本格的な騎乗が3月からだった三浦は、4か月で37勝、しかもそのほとんどが中央場所なのでこれは評価したい。このペースでいけば、関東の年間リーディングの最有力候補といえるだろう。


・関西リーディング
1位 ルメール 95勝
2位 川田将雅 88勝
3位 武豊   60勝

18yasuda_rume-ru04


ある程度までは川田がトップだったが、あっという間にルメールが抜き去り驚異の95勝。2度目となるJRA年間200勝も視野に入る勢いだ。それにしても95勝は関東リーディングの約2.5倍の数字。勝率26.8%・連対率42.1%は驚異的であり、G1レース3勝もさすがといったところ。

 川田は勝率・連対率ともにルメールを上回っているが、騎乗数を絞っているのが勝利数で劣る要因。またG1レースは未勝利で重賞3勝は、昨年の重賞が15勝だったことを考えるとビッグレースでの信頼度が落ちる印象だ。自己最高の152勝をあげた昨年を上回るペースだが、やはり大一番での凡走が多い。実際に収得賞金は、ルメールが約19億1000万円で川田は約14億5000万円、勝利数が7勝しか違わないが4億6000万円の差がある。

 逆に勝利数が川田より28勝少ない武豊は約12億2000万円で、川田との差は約2億3000万円しかない。秋こそは待望の芝G1レースでの勝利を見せてほしいものだ。


・開催別勝利数1位
東京
 2020年前半の東京はルメールが独走の53勝。続くレーンが33勝だったことを見ても、やはりルメールが抜けている存在だ。

 

中山
 2020年前半の中山はルメールが20勝でトップだが、同じ20勝に1月の中山しか騎乗していないマーフィーがいる。3位はデムーロで外国人騎手がトップ3を独占。

 

京都
 2020年前半の京都は37勝の川田が2位に15勝差をつけている。勝率31.9%・連対率50.9%は衝撃的な記録といってもいいだろう。

 

 2020年前半の阪神は35勝の川田が1位。ここでも勝率28.0%・連対率46.4%とハイアベレージだが、35勝のうち26勝が平場戦で、特別戦よりも平場戦の方が良績を残しているのは覚えておきたいところ。

 

函館
 2020年前半の函館は8勝の横山武史、池添謙一、団野大成が並んでいるが、2着と3着の成績で辛うじて横山が1位。残り3週の函館開催も注目だ。

 

福島
 2020年前半の福島は11勝の西村淳也が関西所属騎手ながらトップ。今週から始まる福島開催も目が離せない存在といえるだろう。

 

新潟
 2020年前半の新潟は、デビュー2年目で関西所属騎手の岩田望来がトップ。夏の新潟開催も活躍が期待できそうだ。

 

中京
 2020年前半の中京も、デビュー2年目で関西所属騎手の岩田望来がトップ。12勝は2位に7勝差の圧勝で、勝率21.1%・連対率33.3%も見事だ。

 

小倉
 2020年前半の小倉は13勝の藤岡佑介がトップ。勝率26.0%・連対率38.0%はトップジョッキー並みの好成績で、13勝のうち特別戦が半分以上の7勝と大一番でも強いのが特徴だ。

 

 この開催別成績をまとめると、関東の中央場所はルメールで、関西の中央場所は川田の独壇場。裏開催は岩田望来(新潟と中京で1位)と西村淳也(福島1位・中京と小倉で2位)というのが、2020年前半の傾向といえるだろう。おそらく今後も外国人騎手が短期免許で来日しにくい状況だけに、今年は日本人騎手に大きなチャンスがある状況だ。



■調教師
・関東リーディング
1位 堀宣行  27勝
2位 国枝栄  25勝
3位 藤沢和雄 24勝

 

・関西リーディング
1位 矢作芳人 28勝
2位 友道康夫 27勝
3位 杉山晴紀 22勝

 

 ジョッキーは東西で大きく分かれたが、調教師は東西で接戦だ。この要因は、関東所属の調教師であっても、関西のトップジョッキーや外国人騎手に騎乗を依頼することが可能だからである。

 

 関東堀厩舎の勝ち頭はレーンで半数以上の14勝。4月の皐月賞週からの騎乗でこの成績は恐るべしといったところ。ちなみに堀厩舎全27勝のうち、関東所属日本人騎手での勝利はわずか6勝だ。

 

 国枝厩舎も半数以上が外国人騎手と関西所属騎手でのもの。藤沢厩舎も半数の12勝は関西所属のルメールだ。逆に関西の矢作調教師は、28勝のうち最多の10勝は所属騎手である坂井騎手でのもの。厩舎の出走数の3分の1以上に若手の愛弟子を騎乗させて、リーディングトップ獲得は素晴らしいといえるだろう。