JRA函館2歳S(G3)モンファボリに黄色信号!? “関係者(裏)ネタ”から浮上した伏兵で高額配当をゲット!?

 post169127hakodate2main
今週は2歳世代最初の重賞・函館2歳S(G3)が開催される。年末の朝日杯フューチュリティS(G1)を見据える素質馬たちの熱い戦いに「現場の声を重視するブロディN」が挑戦する。

 

 先週のマリーンSで本命に推したリアンヴェリテがまさかの13着。最近は呪われたかのように、本命に推した馬が下位に沈んでしまう。ここまで裏目に出るということは、自身の予想のロジックに問題があると認めざるを得ない。



 ついにロジックを見直す時がきた。だがそれは今まで積み上げてきたものを捨てるにも等しい。非常に勇気が必要なことだ。しかし、それ以上に本命馬が惨敗を繰り返すというこの現状が恐ろしい。もう編集部から「ブロさんの本命は切りでいいね」なんて冗談でも言われたくない!!

 

 そんな思いを胸に秘めて選ぶ、今週の『◎』は8番フォドラ(牝2歳、栗東・牧浦充徳厩舎)だ。

 

 亀田温心騎手を背に迎え、函館芝1200mでのデビュー戦。きれいなスタートからさっそうと前に出ると、そのまま後続に2馬身差をつけて逃げ切り勝ち。道中や抜け出した最後の直線で物見をする瞬間があり、真面目に走ることさえできれば、さらに差を広げられたハズだ。

 

「勝った後も引き続き好調の様子。スタッフによれば、『カイ食いもいい。馬にたくましさが出てきた』とフォドラの成長に目を細めていました。また『稽古の感じからは控える競馬もできそう』と戦略に幅を持たせることも出来たといい、『初戦からの伸びしろもある。重賞の舞台でも五分にやれる』と話してくれました」(栗東関係者A)

 

「○」に推したいのは15番モンファボリ(牝2歳、栗東須貝尚介厩舎)だ。

 

 デビュー戦は函館芝1200m戦。好スタートからハナを奪うと、前半3ハロンで33秒7のハイペースを作り上げる。最後の直線でも脚は鈍らず、鞍上の武豊騎手が持ったまま2着に5馬身差の完勝。2歳レコードを0秒5も更新する1分8秒7のタイムも叩き出した。

 

「初戦はレコード勝ちでしたけど余裕がありましたね。スピードの絶対値は世代屈指のものだと思います。ただテンションが上りやすい血統なのが気になります。『中間は落ち着きがあっていい雰囲気だった』とスタッフは明かしていましたが……。重賞は平場とは雰囲気がガラッと変わって来ますからね。平静さを保てるかどうかがカギになるでしょうね」(栗東関係者B)



パワフルな走りを見せたレディステディゴー(牡2歳、栗東浅見秀一厩舎)は「▲」だ。

 

 ダート、芝の両輪で活躍したナックビーナスの全弟であるレディステディゴーは、阪神のダート1200mでデビュー。前日までの雨で重くなっていた馬場を物ともせずに先行すると、最後の直線でも上がり最速の脚を使い、勝利を収めた。

 

「巨躯から生み出されるパワーが売り。前走は緩さが残っていたものの、能力で押し切りましたね。追い切りの動きはイマイチでしたが、ラスト1Fは11秒8を記録するなど時計的には悪くありませんでした。ダートからのコース替わりとなりますが、姉同様に芝でもやってくれるはずです」(競馬記者)

 

「△」に挙げたいのがルーチェドーロ(牡2歳、美浦高橋裕厩舎)。

 

 不良のダート1000mのデビュー戦で58秒5のレコードを叩き出し、2着に7馬身差をつけて完勝した。今回は芝コースでの挑戦となるが、父マクフィは2010年の2000ギニー(英・G1)とジャック・ル・マロワ賞(仏・G1)を優勝している名マイラーであるため、問題なくこなせるはずだ。

 

「稽古で芝を走っていましたが、悪くなかったように思います。スタッフは『乗り手の指示にしっかり応えるタイプ。前に行くだけでなく、控える競馬もできる』と自在性も武器だと教えてくれました。鞍上の横山武史騎手がどんな戦法を選ぶのかも注目ですね」(競馬誌ライター)

 

 今回は8番フォドラ1頭軸から、10番レディステディゴー、12番ルーチェドーロ、15番モンファボリに流す3連単6点で勝負。頼む……。
(文=ブロディN)