JRA史上最強「珍名馬」が爆誕!? デラベッピンの弟につけられた馬名がSNSで注目の的に……

19o-rukama-nakayamakeiba01
競走馬の馬名にはその馬を所有するオーナーの様々な思いが込められている。

 

とりわけ一風変わったユニークな名前を付けられている馬は、ファンからも親しみや愛着を込めて応援されることも多い。

 

JRAではオレハマッテルゼ、エガオヲミセテ、モチなど多数の印象的な馬を走らせた小田切有一氏や、マチカネワラウカドマチカネフクキタルの故・細川益男さんは個性的な馬名をつけることで有名だった。

 

シゲルの冠名で知られている森中蕃氏も冠名の後ろに野菜や役職や宝石などの名前がついたシリーズが例年話題となっているオーナーだ。

 

最近、特に注目度の高かった珍名馬はリオンディーズ産駒のピンクカメハメハである。

 

7月の新馬戦を武豊騎手とのコンビでデビューして、2着馬に4馬身の差をつける勝利を飾っている。名前の珍しさだけでなく、実力も伴った走りは次走でも期待十分だろう。

 

そんな中、異彩を放つ名前の馬がSNSで話題となっている。

 

姉にデラベッピン(父エスケンデレヤ)を持つネオシアリーズの2019(父ウインバリアシオン)の正式決定された馬名であるマジックミラーだ。

 

デラベッピンは名古屋弁で”とても美人”。弟のマジックミラーはその名の通り”魔法の鏡”が馬名の由来である。だが、解釈の仕方によっては本来の意味とは異なる受け取り方もされかねない。

 

そんなこともあって、マジックミラーに関するオーナーのつぶやきには、一部で大きな反響があった。

 

「とても美人な姉の弟の名前が魔法の鏡ですから響きもいいですよね。確かに別の意味でも非常にユニークな名前となったかもしれませんが、話題になることでより多くの注目が集まることを考えれば、それはそれでファンが増えるきっかけにもなりそうです。

 

デビュー戦にはぜひ、人気のある藤田菜七子騎手やM.ミシェル騎手とのコンビでお願いしたいですね」(競馬誌ライター)

 

また、オーナーは「理由はどうあれ名前だけで感情移入して貰い、たくさんの方に自分の馬を応援して貰えるのはやはり有難い事なんです」と振り返っている。

 

思わぬ形で反響があったとはいえ、マジックミラー号が注目の1頭となったことには間違いないだろう。

 

4戦して未勝利のまま登録抹消となってしまった姉の分まで弟には頑張ってもらいたい。