JRA「セレクションセール2020」閉幕! 最高取引額は7200万円「想定外」の大盛況に涙する生産者も

MThryMdA0vIAh551598338158_1598338164
 売却総額は過去最高を記録……大盛況のうちに幕を閉じた。

 

 24日、「セレクションセール2020」(日高軽種馬農協主催)が北海道新ひだか町の北海道市場で開催された。

 

 セレクションセールとは、主に日高地方の生産馬が取引される1歳馬の競り市で、ホッコータルマエなど数々のG1馬を輩出。

 

・ロジック(NHKマイルC)

 

 近年でも、今年の高松宮記念(G1)3着馬で、今週のキーンランドカップ(G3)に出走するダイアトニックや今年の宝塚記念(G1)で3着に入り、波乱の立役者となったモズベッロなど、G1戦線で活躍する競走馬を送り出している。

 

 毎年7月の中旬に行われる競り市であるが、今年はコロナウイルスの影響で8月に延期。コロナの影響が売り上げに影響しないかが心配されていたが、昨年を上回る盛り上がりに関係者にも笑顔がこぼれた。

 

2019年
売却率:83.47%
売却総額(税別):28億7340万円

 

2020年
売却率:82.51%
売却総額(税別):32億6300万円

 

「主催者側も生産者側も、思ったより盛り上がったとびっくりした様子でしたね。中には嬉しさのあまりに涙する生産者もいて、その喜びが伝わってきましたよ」(競馬記者)

 

 上場馬も豪華で、比較的若めの種牡馬を中心に、計225頭(牡159頭、牝66頭・欠場2頭)の多彩な顔触れがラインアップ。



 そんな中、最高額で取引されたのは「キルシュワッサーの2019」。昨年の最高額3600万円を大幅に上回る、7200万円(税抜き)で落札された。生産者は(有)天羽禮冶牧場で、父ドゥラメンテ、母父サクラバクシンオーという血統構成。落札したのは、レッツゴードンキストレイトガールなどのオーナーとして知られる廣崎利洋HD(株)であった。

 

 2番目に高額だったのが「スマッシュハート2019」。生産者は(有)酒井牧場で、父キズナ、母の父キングカメハメハという血統構成。落札したのは、リオンリオン、マイスタイル、ミスパンテールなどのオーナーとして知られる寺田千代乃氏で、6000万円(税抜き)で落札された。

 

 また、唯一ディープインパクト産駒として注目された「ティズウインディ2019」は、3番目に高額な5800万円(税抜き)で落札された。
こちらも生産者は(有)酒井牧場で、父ディープインパクト、母父ティズナウという好相性の配合。キセキなどを所有する石川達絵氏により落札された本馬は、母が米G2勝ち馬で近親に米G1で5勝のバンシーブリーズがいるという血統だ。

 

 本日からはセレクションセールに引き続きサマーセールが開催。こちらもセレクションセール同様、コロナウイルスを吹き飛ばすような盛り上がりに期待したい。