2020-08-27から1日間の記事一覧

JRA「超良血馬」がまさかのダート転向。これで新種牡馬リオンディーズのダート適性も丸わかり!? 2歳戦のヒントは新潟に……

宝塚記念(G1)で4着だったサートゥルナーリア。コンビを組んだC.ルメール騎手がレース後に「距離と馬場ですね」とコメントしていたように、2200mと稍重が敗因として考えられそうだ。11月1日の天皇賞・秋(G1)からの始動を予定しており、200mの距離短縮で改…

山田哲也が本領発揮のコンマ02スタート!/児島

<児島ボート>◇初日◇26日 初日メイン12Rこじま選抜で、スタート巧者・山田哲也(37=東京)が実力を見せつけた。 5コースからコンマ02のトップスタートを決め、豪快なまくり差しでイン郷原章平をとらえた。「スタートは早かったですね」と涼しげだったが、…

川北浩貴、上腕骨骨折から半年ぶりに復帰/びわこ

<びわこボート>◇前検日◇26日 川北浩貴(48=滋賀)が、6カ月半ぶりにレースへ復帰する。 2月尼崎の近畿地区選で落水し「左上腕を骨折した。ど真ん中で真っ二つに折れた」。デビューから初めての長期休養に「休みすぎて、体と闘争本能のギャップが大きい。…

池田浩二、スタート全速で連勝発進狙う/びわこ

<びわこボート>◇前検日◇26日 池田浩二(42=愛知)が、フライング休み明けでもスタート全開で突き進む。 手にした45号機はG1びわこ大賞で丸野一樹が駆り優出4着だった実績機。しかし「回転が上がらなくて起こしが不安定。チルトが0度で下げなきゃ駄目。ペ…

中間整備が行われた7基の動向に注目/びわこ

<びわこボート>◇前検日◇26日 びわこの中間整備は、初日から気配急浮上が期待できるだけに見逃せない情報だ。 これまでは新エンジンに替わってから1回のみだったが、今回は大挙7基のエンジンに中間整備が入った。 ◇11号機…ギアケースを交換。引いた竹上真司…

好調の桜本あゆみが波水面に一策練る/江戸川

<江戸川ボート>◇前検日◇26日 多摩川レディースチャンピオンでG1初優出と大健闘した桜本あゆみ(32=東京)が地元水面で充実ぶりを見せる。 多摩川の後は大村ヴィーナスシリーズで7度の3連対と巧腕を見せた。「周りの人に助けられての結果です」。好調キー…

竹村祥司が豪快まくり差しで19万舟券演出/多摩川

<多摩川ボート>◇2日目◇26日 竹村祥司(48=大阪)がビッグな配当を提供した。5枠で登場した2日目4R、竹村は5コースからまくり差し。2着に6枠の金沢一洋、3着は1枠高橋直哉で3連単は19万円超え。多摩川歴代10位の記録となった。「やりました。あんなことも…

JRA所属トップジョッキー「濃厚接触者」疑惑回避も不安の声……「同じ日に同じ場所にいたわけですし」問われる主催者の姿勢

競馬界に激震が走った船橋競馬所属騎手のコロナ感染、そして同じ南関東の川崎競馬の開催取り止め。24日月曜日の開催直前に判明したこの事態により、24日から26日までの川崎競馬が取り止めとなり、27日以降の開催も微妙な状況となった。予定されていた地方重…

杉山正樹が好素性機をゲット「悪い感じない」/芦屋

<芦屋ボート>◇前検日◇26日 今節は実績機の多くが出場しない低調機シリーズ。その中で素性確かな43号機を手にした杉山正樹(40=愛知)が、確かな手応えを感じた。「ペラはそのまま。悪い感じはなかった。最近ペラは当たっている」。ペラ調整で上積みも期待…

JRA好調「レッド軍団」が抱える頭痛の種とは!? レッドアネモスに続きレッドアンシェルが重賞制覇も……

23日(日)に小倉競馬場で開催された北九州記念(G3)。福永祐一騎手の好騎乗もあって、8番人気のレッドアンシェルが昨年のCBC賞(G3)に続く重賞2勝目を飾った。 同馬を所有する東京サラブレッドクラブ(以下、東京TC)は、3週前のクイーンS(G3)をレッド…

JRAカフェファラオはシリウスS(G3)から仕切り直し! 3歳世代“ダートの怪物”復権のキーマンを務めるのは!?

7月8日に大井競馬場で開催されたジャパンダートダービー(G1、ダ2000m)で、7着に敗れたカフェファラオ(牡3、美浦・堀宣行厩舎)。同馬の秋の始動戦が10月3日に阪神で行われるシリウスS(G3、ダ2000m)を予定していることがわかった。 3連勝でユニコーンS(…

JRA第2のサートゥルナーリア、クリソベリルの馬主に!? キャロットクラブが1歳馬カタログを公開!【一口馬主・注目馬ピックアップ】

今年も新種牡馬の産駒を含め、超豪華ラインアップとなった。 25日、キャロットクラブの公式ホームページ(会員専用ページ)にて、2020年度1歳募集馬カタログが公開された。キャロットクラブといえば、社台系の有名一口馬主クラブ。所属馬はこれまで数々の大…

岡村慶太、まくりから2M差しで今年3度目V/徳山

<徳山ボート>◇最終日◇26日 岡村慶太(32=福岡)が豪快なレースで今年3回目のVをもぎ取った。 優勝戦には3枠で登場。3コースをカドへと持ち込んでまくり先制。差した広次修との首位争いを、2M差し返して制した。 これが5月の芦屋以来、今年3回目のV。通算…

藤原啓史朗がデビュー2度目V頂き/住之江

<住之江ボート>◇最終日◇26日 【12R:優勝戦・決断】 藤原がデビュー2度目の優勝に王手をかけた。準優11Rは他艇を寄せつけず逃げ切った。課題だった乗り心地を上向かせるなど59号機のパワーを存分に引き出している。住之江はデビュー初優出を飾っており水面…

南佑典エース機差し 4年ぶりVへ気合/住之江

<住之江ボート>◇最終日◇26日 【大チャンス・田中大樹スペシャル】 競馬では武豊、競輪では神山雄一郎や吉岡稔真、そして将棋では「ひふみん」加藤一二三・九段に藤井聡太2冠と、現実は時に物語りを超えることがある。今節でそんなストーリー性を醸し出して…

準優勝ち上がった南ら精鋭6選手出そろう/住之江

<住之江ボート>◇最終日◇26日 準優を勝ち上がった精鋭6選手が出そろった。 優勝戦で「大チャンススペシャル」の田中は、南佑典の差し切りに期待した。駆る83号機は、初降ろしからパワフルな走りで優勝4度を誇り、伝説を作る資質を持つ。本紙奈島は、乗り心…

豊田泰洋がまくりと差しの両面策で攻略/住之江

<住之江ボート>◇最終日◇26日 【平田英治・関門突破】 お隣の尼崎で行われたヴィーナスシリーズで、深川麻奈美が圧倒的な強さを見せてデビュー2度目の優勝を飾った。同期の豊田泰洋は「本当ですか! もっと優勝しているのかと思っていましたよ。僕も追いつ…

永田郁弥がスタート決めて豪快な一発見舞う/住之江

<住之江ボート>◇最終日◇26日 【奈島宏樹・ポリバレント舟券】 永田郁弥の積極性が光っている。5日目7Rは3コースから果敢にツケマイを放って2着に食い込んだ。まくり差した藤原啓史朗に逆転を許したが、スタート勘の良さは抜群だ。今節は2勝を飾っているが…

JRAキーンランドC(G3)フィアーノロマーノ「因縁の対決」リベンジ体勢整った!? 武豊ダイアトニック逆転のポイントとは

30日、札幌競馬場で行われるサマースプリントシリーズの第5ラウンド・キーンランドC(G3)には、函館スプリントS(G3)を完勝して勢いに乗るダイアトニックが出走する。 今年の高松宮記念(G1)で上位に入った馬は、1着のモズスーパーフレアが北九州記念を見…

JRA「2500万円」落札のマクフィ産駒を育てたのは高校生! 希望落札価格の10倍で落札したのはアノ有名オーナー!

24日、北海道市場で行われたセレクションセールは大盛況で幕を閉じた。 最高落札馬はキルシュワッサーの2019(父ドゥラメンテ)で7200万円。これは昨年の最高額である3600万円の2倍という破格の金額である。また、ディープインパクト産駒のティズウインディ2…

JRA“ゲート出る気なし”でも圧勝デビュー! ルヴァンスレーヴ、ゴールドドリームと共通点多数のゴールドレガシーは最優秀ダートホースの器!?

ダートの大物候補がデビュー戦で圧巻の走りだ。 22日、新潟5Rの新馬戦(ダート1800m)は、1番人気ゴールドレガシー(牡2歳、栗東・平田修厩舎)が優勝した。 スタートの反応が鈍く、15頭立てのレースで後方の苦しい位置取りとなったゴールドレガシー。1コー…

実質「キャリーオーバー」!? スーパープレミアム適用で一攫千金も……。JRAアニバーサリー実施で最も美味しいのはあの馬券!?

23日、JRAは昨年に続いて「JRAアニバーサリー」を9月21日(祝日・月曜)に実施することをHPで発表した。 記載の内容によると、「新型コロナウイルス感染症の影響によりご不便をおかけしている中にあっても中央競馬をご愛顧いただいているお客様に対し、感謝…