JRA横山武史「同じくらい」意識の注目若手ライバルが窮地!? どうして差がついたのか…… 慢心、環境の違い

keiba200216_2-

 飛躍の1年になっている横山武史騎手。ウインマリリンでフローラS(G2)を制し、重賞初制覇を遂げた。11月8日現在、全国騎手リーディングでは76勝を挙げる6位。関東では、70勝で2位の吉田隼人騎手に6勝差をつける単独トップと成長は著しい。

 

 父である横山典弘騎手は54勝で全国14位だが、「アイツはヤバい」と認めている横山家三男の快進撃を感慨深く見守っているだろう。

 

 その横山武騎手が一目置いているのが、栗東の若手・西村淳也騎手だ。西村騎手は2018年デビューと、一つ下で年も近い。横山武騎手は「僕と西村淳はいつも同じくらいのポジションにいるんですよ。僕が勝ち星で上に行ったと思えば、次の週には西村が固め勝ちで越したり……」と、ローカルでリーディング争いをするライバルとして意識していたようだ。

 

 横山武騎手が意識していたように、今年5月の開催が終了した時点で2人のJRA勝ち鞍は30勝と同じだった。お互い切磋琢磨するいい関係だったといえるだろう。

 

 そんな2人だったが、今年の夏頃からは勝ち星に大きな差が開き始めた。

 

 先週の開催を終え、横山武騎手は46勝を加算した76勝に対し、西村騎手は12勝追加の42勝と伸び悩んでいる。その差は4倍近くと思わぬ大差がついている。

 

「勿論、西村騎手の減量が取れた事も影響していますが、軌道に乗り始めた昨年くらいからマスコミを邪険に扱ったり、声をかけられてもぶっきらぼうな態度で接するので、あまり評判はよくなかったです。

 

関西所属の減量騎手によくあるパターンで、あんな態度を取っていたら減量がなくなった頃に痛い目に遭うぞと言われていました。案の定というか、それなりに勝っていますが、春に比べるとペースはガクンと落ちていますよね」(某エージェント)

 

 調子が上がらなかった理由も、関係者からすれば想定の範囲内といった様子だった。

 

 とはいえ、関係者の危惧を察したかどうかはわからないが、西村騎手の心境にもいい意味で変化があったらしい。

 

「秋くらいから急にマスコミへの接し方が変わりました。今までは仕方なく受け答えするような感じでしたが、自ら近づいて笑顔で喋るようになりました。

 

近しい人から今のままでは干されるし、少し態度を改めた方がいいと助言があったようで、本人にも少しずつ危機意識が芽生えたのでしょう。

 

あまりの変わり様にマスコミの間では『何かあったの⁉』とみんな目を丸くしています(笑)」(別の記者)

 

 積極的な騎乗が持ち味の西村騎手は、若手の有望株として期待されている存在でもある。“軌道修正”が成功すれば、再び好調の波が訪れることもあるだろう。

 

 だが、それまでの関係者やマスコミの印象を変えるには、今まで以上の努力が必要となることは間違いない。今後1年くらいが将来を決めるターニングポイントになるのかもしれない。

 

Copyright © Business Journal All Rights Reserved.